冷蔵庫の寿命はいつ? 壊れた時の処分方法について

冷蔵庫は生活に無くてはならないものですが、壊れるときは突然壊れると言います。いざ、壊れてしまった時にどう対処すればよいのか、また寿命がどのくらいかわかっていれば、修理をするのか、廃棄するのかの選択もしやすいかと思います。この記事を読むことで、冷蔵庫の寿命などについて知っていただきとっさの場面でも活用していただくことができるでしょう。

目次

  1. 冷蔵庫の寿命
  2. 冷蔵庫の電気代
  3. 冷蔵庫の買換え時の費用
  4. 冷蔵庫の処分方法について
  5. 処分回収する時の注意点

1.冷蔵庫の寿命

1-1.冷蔵庫の寿命はなぜ短くなったか

一昔前の冷蔵庫は20年位使えたそうですが、一般的には8年から9年ぐらいだそうです。
今は冷蔵庫だけでなく、一般的な家電製品も昔より寿命が短くなっていると言います。これは、製品コストを極限まで下げているので使用している部品の強度や耐久性が弱くなっているからだそうです。しかし、一方で電気代が少なくて済む冷蔵庫が年々発売されています。

1-2.冷蔵庫を修理するか廃棄するか

長年使っていたら、寿命かな?と思うことがあると思いますが、そうでない場合は修理もひとつの手段です。保証書があり保証期間内であれば無料か格安料金で修理してもらえます。しかし保証書紛失や期限切れの場合は、だいたい約7000円~12000円程度で修理してくれるところが多いです。

1-3.冷蔵庫の故障を防ぐには

できるだけ故障を防ぐには、冷蔵庫付近に物を置かず空間を作ることが重要となります。そうすることで、放熱の効率がよくなり電気の消費量も少なくなるのです。
扉を開けたままガサゴソと庫内を探っている時、冷気がすっかり抜けてしまうので冷蔵庫によくないと言います。扉が開いている間はずっと外気が中に入り込み、その間も冷蔵庫はずっと庫内を冷やそうとするため、大量のエネルギーの無駄遣いになるわけです。
冷蔵庫は開けたらすぐ閉めれるように、どこに何が置いてあるか把握しておいて庫内を整理整頓しておくことが必要ですね。

2.冷蔵庫の電気代

古い冷蔵庫と最近の冷蔵庫ではどのくらい電気代が違うのか見てみましょう。
20年くらい前の古い冷蔵庫の電気代が、毎月平均3000円位で年間36000円ぐらいでした。でも最新の新しい冷蔵庫は、毎月平均でたった600円くらい、年にして7000円位しかかからないと言います。計算して、1年で29000円ほど差が出てくるのです。冷蔵庫は一年中電源を入れっぱなしなので、この電気代の差は大きいですね。

3.冷蔵庫の買換え時の費用

新しい冷蔵庫に買い替えると、その価格にはリサイクルの費用が加算され4830円が加わります。他に古い冷蔵庫の引き取り費用として、収集運搬料金の525円も加算されるのです。
これらの費用は値切るなどして交渉しても、無料にすることはできないと言います。また粗大ごみの費用を払いたくない場合は、寿命まで使用せずに早い段階でリサイクルショップに販売して、また新しい冷蔵庫を購入する、というサイクルが一番お得な方法になってくるでしょう。

4.冷蔵庫の処分方法について

家電リサイクル法ができてから、冷蔵庫を粗大ゴミとして無料で捨てることができなくなりました。ではどのような処分方法があるのか見ていきましょう。

4-1.家電量販店依頼する

新しい冷蔵庫を購入する時に、家電量販店に有料で引き取ってもらう方法があります。安くても引き取りに5000円以上かかってくるケースが多いです。交渉次第で1000円ほど値引きしてくれることもあるので上手に交渉できるとよいですね。

4-2.リサイクル券を使って依頼する

家電量販店で頼むより割高になることが多いです。リサイクル券を利用し不用品回収を依頼した場合、回収費用とは別に運搬費用が必要となってくるため家電量販店での回収より割高になってしまう、という仕組みになっています。冷蔵庫を運ぶ車を用意できる場合は、自分で処理場まで運ぶことで、運搬費用がかからず回収費用のみで費用を少し抑えることができるのです。

4-3.家電の回収業者に依頼する

家電の回収業者は、比較的安く不要になった冷蔵庫を引き取ってくれることがありますが、業者によりさまざまなので、一概に料金はいくら、と言い切れません。不用品回収業者にとって価値のある物と一緒に回収を依頼すると、安く回収してくれる場合もありますので、何か併せて引き取ってもらうのも一つの方法です。
回収業者を利用する場合は、どのような流れになるでしょうか。見ていきましょう。

  1. 回収業者のHPを見て、電話やインターネットで見積りの予約をします。無料見積りをしている業者が多いです。インターネットでは、様々な業者に対して、一括で見積りをお願いし比較できるサイトもあるので、そういったサイトを利用などして業者を検索していきます。
  2. 見積りの予約をした日に見積りをとってもらいましょう。見積り料金に納得できたら作業をしてもらい、納得できない場合は無料でキャンセルできる場合が多いです。しかし、稀に有料の業者もあるようなので、初めに確認をしておきましょう。
  3. 不用品を搬出してもらいます。大きすぎたり重すぎる場合、解体して搬出することもあります。
  4. それぞれの業者の支払方法に従い精算してもらいます。

4-4.中古品として回収してもらう

中古品として冷蔵庫の使用が可能なら、引き取り費用が安くなるケースがあります。しかし他の不用品回収のように無料の引き取りが少ないのは、冷蔵庫を処分する時は他の家電と違い、ガスの問題など手間や費用がかかるためです。また、大型のものほど処分費用が高くなります。
冷蔵庫の状態によっては不用品回収業者に依頼して回収や廃棄を依頼するのでなく、買い取りサービスを行っている業社もあるので活用してみるといいでしょう。

4-5.処分する以外の方法

友人知人に譲る、オークションで販売するなどの方法があります。やはり新しいものでなければ難しいのが現実です。

5.処分回収する時の注意点

5-1.リサイクルショップへ持ち込む時の注意点

  • リサイクルショップで買い取ってもらおうとする場合、3年~5年以内しか買い取らないという買い取り基準がありますので、利用していた冷蔵庫が何年目か保証書などで確認をしておくとスムーズに進みやすいです。
  • 説明書などの付属品がないと買取金額が減額することが多いです。
  • 出張対応しているお店もありますが、持ち込むことが前提のお店もあります。そういったお店の場合、冷蔵庫のように大きく重たい家電でも、何とかして自力で店に持ち込む必要があります。
  • 出張買取は1か月、1週間前など早めにに予約しないと来てくれません。

5-2.不用品回収業者

無料と宣伝しておきながら、ゴミの量や種類によっては有料と言い出す業者もあります。
前もって口コミなどで評判を確認したり、複数社見積りを依頼し信用できそうな業者に依頼しましょう。

5-3.誰かに譲る

知人などに譲る場合、引き取りの日時などを確かに約束しておかないと、いつまで経っても部屋の隅に置き去りになり、片付かない原因になります。なるべく早めに、確実に引き取ってもらうのがベストです。プロでない素人の場合、搬出の際に部屋を傷つけてしまう可能性があります。注意して慎重に搬出しましょう。

5-4.不法投棄は絶対NG

不法投棄の懲役は5年か罰金1000万円の支払い義務があります。絶対にしないように、譲った人にもさせないようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。冷蔵庫の寿命や処理法についておわかりいただけましたでしょうか。今回は以下のポイントについて解説しました。

  1. 冷蔵庫の寿命
  2. 冷蔵庫の電気代
  3. 冷蔵庫の買換え時の費用
  4. 冷蔵庫の処分方法について
  5. 処分回収する時の注意点

冷蔵庫が突然壊れてしまっても慌てないように、普段から冷蔵庫の使用年数を把握して、故障を防ぐような使用をしていけたらいいですね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから