雛人形の処分に困っている人必見! 気持ちよく手放せる方法教えます。

いろいろな事情で不用になった雛人形の処分にお困りではないですか?「人形には魂が宿る」といわれています。必要ないからといって、普通のゴミのように気軽にゴミ袋にポイッ!と入れるのは気が引けてしまうものですよね。そこで雛人形の上手な処分の方法をご紹介しましょう。

目次

  1. 雛人形を手放す方法について
  2. 雛人形はそのまま廃棄してもいいの?
  3. 雛人形を供養する方法について
  4. 雛人形の処分の時期は?
  5. まとめ

1. 雛人形を手放す方法について

平安時代は貴族の遊び道具であった雛人形は、江戸時代になってから「雛祭り」の儀式の道具として用いられるようになりました。

現代でも、子どもの健やかな成長を祈う「桃の節句」に雛人形を飾る習慣は定着しています。

雛人形は広い部屋に飾る8段飾りの豪華なものから、住宅事情を考慮したコンパクトなものまでさまざまな種類のバリエーションがあり、デザインも多様化しているようです。

しかしながら雛人形は人気がある反面、娘が嫁いでしまった、もう成人を過ぎたので飾るきっかけがない…などの事情で処分をしたいと考えている人も少なくありません。

雛人形はお祝いの飾りものだけに、燃えるゴミや粗大ゴミで処分をするのは気が引けてしまいます。

どのような方法で手放すのがよいのでしょうか?

雛人形の処分方法をご紹介しましょう。

1-1.親戚や友人などに譲る

一番手軽で実践しやすい方法です。

雛人形は本来なら「一人が一つ持つもの」とされ、譲渡は避けたほうがいいといわれていました。

しかし、現在ではそこにこだわらることなく譲り合うことも多くなっているようです。

親戚や友人、知人など親しい間柄の人なら、大切にしていた雛人形を気軽に譲ることができますよね。

本格的で高価な雛人形の場合、状態がよければ喜んで受け取ってもらえるでしょう。

1-2.ネットオークションで売却する

雛人形の場合、リサイクルショップでの買取はほとんど行われていないようです。

というのも雛人形は持ち主である女の子のお守りで、厄の身代わりとなる縁起物なので、リサイクルショップで他人のものを買いたいという需要がないからでしょう。

ネットオークションのほうが「中古でもいいから雛人形が欲しい!」と探している人を見つけやすいようです。

また雛人形は海外ではインテリア小物として人気があるので、ネットオークションに出品すれば欲しがっている人の目に留る可能性は高いでしょう。

出品の時は、雛人形を飾った全体像、人形一体ずつ、顔や着物のアップなど、鮮明で解像度の高い写真を多く添え、わかりやすく状態を説明した文章を添えたほうが買い手がつきやすくなります。

1-3.寄付をする

人形のみならず、お飾りの道具も一式揃っていて傷みも少ないのに引き取り手がいないという場合、寄付をする方法もあります。

例えば、老人施設や児童養護施設、保育園などで雛人形を必要としているところは少なくないようです。

とりあえずは家の近くの施設に問い合わせをしてはいかがでしょうか。

また寄付する場合、ほこりや汚れはできるだけ掃除をしてから、運搬途中に破損しないようにていねいに緩衝材にくるんで送るようにしましょう。

1-4.不用品回収業者に依頼する

古くてボロボロなので譲る相手が見つからないし寄付をするのもはばかられるという雛人形の場合、思い切って不用品回収業者に処分を依頼するという方法もあります。

雛人形だけではなくいろいろな不用品が家にたまっている場合、引っ越しを期に一気に不用品を処分したいけれどリサイクルショップに出向く時間がない場合などに便利でしょう。

不用品のなかに売れそうなものがある場合は、買取と回収を同時に行っている業者に依頼するのがおすすめです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから