面倒な衣類の処分…その捨て方と注意点を分かりやすく解説!

衣替えや転居、断捨離などで物を捨てたり整理する際、必ず問題となってくるのが「着なくなった衣類」ではないでしょうか?
もう何年も着ていないけど、でも捨てるのはもったいないし面倒だし…
しかし、あまり目立たないように見えて、衣類は家の収納の大部分を占める厄介な側面もあります。
あるデータによると、持っている衣類のおよそ6~8割は着なくなった衣類なんだそうです。
つまり、その家の収納を圧迫しているのは、使わない衣類ということになります。
使わないもので実生活が不便になっては本末転倒。
衣類を上手に処分することが快適な生活の心得になります。
しかし衣類を捨てることは、とても面倒で手間がかかるもの。
ここでは、そんな衣類の捨て方や処分方法について解説していこうと思います。

目次

  1. どんな処分方法があるのか?
  2. 捨てる際の注意点
  3. リサイクルとして出すのがオススメ
  4. 不用品回収業者に引き取ってもらう

1.どんな処分方法があるのか?

衣類の処分方法は色々あります。
そんな多岐に渡る処分方法それぞれの、特徴やメリットデメリットなどを見ていきましょう。

1-1.ごみとして出す

自治体などにごみとして出します。
基本的には燃えるごみとして処分しますが、素材等によっては自治体で処分方法に若干の違いがあるのです。
例えば綿100%であれば燃えるごみですが、ナイロンやレーヨン、ポリエステルといった化学繊維は自治体によって処分方法が異なります。
細かく裁断する必要があったり、燃えないごみ扱いだったり、布製品専用の指定日があったりといった具合です。
お住まいの地域がどのような処分方法なのかを確認しておきましょう。
また、衣類は想像以上にかさばるものなので、大量の衣類を捨てるにはかなりの指定ゴミ袋が必要になってきます。
少しずつ捨てていくか、一気にクリーンセンターに持ち込むかのどちらかになるでしょう。

1-2.リサイクルショップや古着屋に引き取ってもらう

リサイクルショップや古着屋であれば引き取ってくれる場合もあります。
処分費用がかかるどころかお金になる場合もあるのでオススメですが、注意点としては状態が悪いものや流行りを過ぎたものは買い取り拒否される場合があり、すべてを引き取ってくれるわけではありません。

1-3.ネットオークションやフリマに出品する

ネットオークションやフリーマーケットを利用すれば、リサイクルショップなどよりも高値で売れる可能性があります。
しかし、その分手間も膨大になってしまうのが難点です。
ネットオークションであれば、写真撮影や出品作業、注文が入れば梱包して発送まで、大きな手間がかかるでしょう。
フリーマーケットも、クリーニングしたあとに車などで会場に運ぶ必要があり、さらに値付け、売買の手間、売れ残ればまた持ち帰る必要があります。
しかも、出品したからと言ってすべて売れるわけではありません。半分以上は売れない可能性が高いです。
これらオークションやフリマで売る方法は、”時間や手間”というコストが膨大にかかることを覚悟しておきましょう。

1-4.寄付をする

被災地や貧困国など、衣服を必要としている人に届けるNGO団体などがあるので、そこに寄付をする選択肢もあります。
ただ東日本大震災の際に、とても着られないような古びた衣服を提供され、「逆に処分に費用と手間がかかってしまった」という事例もあり、寄付を受け付ける側も一定の審査を設けているため、すべての衣類を引き取ってくれるわけではありません。
寄付とは善意の心であり、「いらないものを全部まとめて引き取ってもらおう!」というような独りよがりな寄付は拒否されたり迷惑がられることも理解しておきましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから