いらないファンヒーター、4つの処分方法

冬の間しか使わないファンヒーターですが、「故障したから処分したい」「新しい製品を購入したから手放したい」という人もいるのではないでしょうか?
そこで、この記事では、ファンヒーター・石油ファンヒーターの処分方法や廃棄にかかる費用などを見ていきましょう。
この記事を読むことで、ファンヒーターの正しい処分方法が理解できるはずです。

目次

  1. 石油ファンヒーターを処分する前の確認事項
  2. ファンヒーターの処分方法
  3. ファンヒーターの処分を依頼する手順・流れ

1.石油ファンヒーターを処分する前の確認事項

1-1.灯油が残っていないかをチェック

まず、石油ファンヒーターの場合は、中に灯油が残っていないかをチェックしてください。灯油に厳密な使用期限は設定されていませんが、古い灯油は故障の原因となるため、取っておくことはできないと考えたほうがよいでしょう。

1-2.残った灯油はガソリンスタンドへ

灯油がまだ機械の中に残っているようなら、使い切るか、お近くのガソリンスタンドなどで処理してもらってください。灯油の発火点は260度前後、引火点は40度以上となっているため、常温で自然発火することは考えられないのだそうです。しかし、処分するときは、安全を考えガソリンスタンドなどに依頼しましょう。

1-3.灯油をこぼしてしまった場合は?

万が一、灯油をこぼしてしまった場合などは、ぼろ布や新聞紙に吸い込ませたあと濡らした布か新聞紙で包んでポリ袋にいれ、燃えるゴミの日に出します。臭いがきついので、ごみの日まで日数がある場合は、拡散しないよう袋に入れておきましょう。

2.ファンヒーターの処分方法

ファンヒーターの処分の仕方には、主に4つの方法があります。

2-1.自治体の粗大ごみ・不燃ごみとして出す

テレビや冷蔵庫などの家電と異なり、石油ファンヒーターは家電サイクル法の特定家庭用機器対象品目には該当しません。そのため、粗大ごみ、あるいは不燃ごみとして自治体で引き取り回収してもらえます。各市町村の自治体により依頼方法が異なるので、市町村の役場環境課に問い合わせをしましょう。

一辺が30cmを超える製品を粗大ごみとし、30cm以下の製品を不燃ごみとしている自治体が多いようですが、確認が必要です。手数料分の粗大ごみシールを貼り付け指定日に玄関前などのわかりやすい場所に出す、というケースが多いでしょう。自治体によっては、お年寄りや障がい者など、ごみを外まで持ち運べない人のためのサポートをしている場合もあるので、気になる方は各自治体に問い合わせてください。

2-2.家電量販店で引き取ってもらう

新しいファンヒーターを買うついでに処分したい、という人向けの処分方法です。無料〜数千円とお店によって費用は異なりますが、多くの場合、新しいものを購入した際に古いものを引き取ってもらえます。自分でお店まで持っていく以外にも、配送時に回収してもらえることもあるので、まずはお店に問い合わせてみてください。

家電のネットショッピングでも同様のサービスをしていることがあります。

2-3.民間の不用品回収サービス

電話一本で自分の都合に合わせて家まで引き取りにきてくれるので、引っ越し・転勤などですぐに処分したい人向けの方法です。ホームページなどからお近くの業者に依頼します。まだ使える製品の場合は買い取ってもらえる場合もあるので、問い合わせた時に確認しましょう。不用品として処分する場合は、自分で粗大ごみに出すよりも割高になることが多いです。見積りは無料でしている所が多いので、迷ったら見積りをしてもらうと良いでしょう。

ここで重要なのは、古物商や産業廃棄物収集・運搬の許可をきちんと受けた業者に依頼するということです。トラック一台で「不用品を回収します」と回っている業者は、正規の免許を持っていない悪徳業者である可能性もあるので、注意しましょう。

2-4.リサイクルショップに買い取ってもらう

あまり年季の入っていない保存状態のよいものや新しいファンヒーターを手放したいという方にお勧めの手段です。
値段が付く場合は確実に引き取ってもらえますし、費用もかかりません。ただし、自分でショップまで搬送する必要があり、持って行っても買取対象とならずに受付で断られてしまう恐れもあります。事前に商品の品番や状態などを伝えて確認しておくと良いでしょう。

3.ファンヒーターの処分を依頼する手順・流れ

3-1.自治体に粗大ごみとして依頼する場合

自治体で引き取ってもらう処分方法の流れを簡単に見ていきましょう。この例は豊島区の自治体の流れになりますが、自治体により異なりますので、問い合わせた際に確認してください。

  1. 電話かインターネットで粗大ごみ受付センターへ回収の申し込みをします。予約の取り消し変更はインターネットか電話で可能です。日にちが迫っている時は電話をします。
  2. 近くの粗大ごみ処理券取り扱い所で、粗大ごみ処理券を購入します。(豊島区の場合はファンヒーターの金額は700円です。)粗大ごみ処理券の金額が合っていない場合、回収してもらえないので注意してください。
  3. 粗大ごみ処理券を貼り付けます。処理券が貼られていない場合は回収してもらえません。

65歳以上の人や障がい者の家庭で粗大ごみを外まで出せない場合は、サポートを受けられることもあるので事前に確認してください。

3-2.不用品回収業者に依頼する場合

回収業者を利用する場合についても、どのような流れになるのか見ていきます。

  1. まずは依頼する業者を決定します。サービス内容や見積り料金を比較検討できるサイトもありますので、自分にあった方法で検索してください。
  2. 電話、またはインターネットのフォームから見積りの予約をします。無料見積りをしている場合がほとんどです。
  3. 予約日時に訪問してもらい見積りをとってもらいます。料金に納得できたら作業をしてもらい、見積りに納得できない場合は引き取りを無料キャンセルできる場合がほとんどです。不明な場合は、予約時に確認をしておきます。
  4. 不用品を搬出してもらいます。
  5. それぞれの業者の支払方法に従い精算します。

まとめ

ファンヒーターの処分の仕方についておわかりいただけたでしょうか?
今回は以下のポイントについて解説いたしました。

  1. 石油ファンヒーターを処分する前の確認事項
  2. ファンヒーターの処分方法
  3. ファンヒーターの処分を依頼する手順・流れ

今回紹介した内容を参考にして、ご自分にあった方法でファンヒーターを処分してください。
まずはお手元のファンヒーターの状態を確認し、処分するか買い取ってもらうかを検討すると良いでしょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから