時期を選んで上手に買い替え!ソファーの買い替えのタイミングとは?

ソファーのような大型家具は買い替えが面倒ということから、ボロボロになるまで使ってしまう家具の代表です。

そんなソファーですが、適切な時期を選ぶことで上手に買い替えができます。

ソファーの買い替えタイミングと上手な買い替え方法についてご紹介しましょう。

1.ソファーの買い替え時期を知ろう!

1-1.ソファーの寿命は、短い?長い?

壊れることで使えなくなる電化製品とは異なり、多少の汚れや傷などはがあっても機能的には問題が無くソファーの寿命というのは少々わかり難いというのが現状です。

では、ソファー寿命と買い替えの目安についてご紹介しましょう。

表面的な寿命と買い替えの目安

ソファーの寿命として判断されることが多いのが表面の劣化です。

布製・合皮製・皮製と表面の素材によって劣化の進み具合や状況は異なります。

ソファーの素材による特徴の違いについて紹介しましょう。

布製

ソファーの材料の中では最も耐久性の高い素材ですが、水を吸い込むため汚れやすいという特徴があります。

布製ソファーに目立つシミや臭い移りなどが多くなってきたと感じたら、買い替えの目安です。

合皮製

合皮製のソファーは使用している合皮によって耐久性が大きく変わります。

合皮は表面が剥がれ始めたと感じた頃が買い替えの目安です。

皮製

皮製ソファーは耐久性が高い反面で、使用によって劣化を早めてしまう可能性があります。

直射日光や水、熱などに注意し、手入れを欠かさなければ皮製ソファーは長年愛用することができます。

構造的な寿命

しっかりと作られているソファーであれば、構造的な寿命はあまり気にする必要はありませんが、短期間で買い替えることを前提としているソファーの場合には構造的な寿命があります。

例えばフレームが折れる、曲がるなどの構造的な寿命です。
通常使用の範囲内であれば、表面の劣化よりも寿命は長くあまり気にする必要はありません。

乱暴な扱いをしていると構造的な寿命が早まる傾向にありますが、“ソファーで跳ねる”などをしない限りは心配ないでしょう。

いらなくなった時がソファーの寿命

ソファーの寿命はハード面だけではなくソフト面にもあります。

使用しなくなる、要らなくなるという時点で、ソファーのソフト面での寿命なのです。

しかし、ソファーの処分方法が分からず使わないソファーを持て余していることも珍しくありません。

ソファーは捨てるだけでも費用が必要なのですが、不用品回収業者の買取サービスを利用して売ってしまうことで、費用をかけずに処分することができます。

ソファーを持て余しているという場合には買取サービスの利用を検討してみましょう。

2.買い替えるタイミングについて

2-1.不要なソファーはできる限り早く売る

ソファーは使わなくても汚れてしまうものです。

必要の無いソファーがある場合には、できる限り早く売ることで高価買取が期待できます。

汚れて買取サービスが利用できなくなってしまうと粗大ごみとして処分しなければなりません。

不要なソファーは買取サービスを受けられる時期に売ってしまうというのが上手な処分方法なのです。

2-2.不用品買取サービスを利用して上手に買い替えよう

ソファーの買い替えを検討している方は、不用品買取サービスを利用して売ってしまうと上手に買い替えられます。

ソファーなどの家具は買い替えの際に、無料引き取りサービスなどを利用できますが、無料で処分するより不用品回収サービスを利用した方がお得に処分可能です。

不用品回収業者の“無料出張買取サービス”では搬出や運搬などは業者によっておこなわれるので、利用者がおこなうことはほとんどありません。

ソファーの買取は、製造より5年以内が買い取りの目安です。

状態によって買取不可の場合があるので、申し込み時に電話やメールなどで状態を伝え、買取可能か確かめることが大切です。

3.上手なソファーの選び方に

ソファー買い替えの際には“ソファーの選び方”に工夫してみましょう。

買ってから後悔しないためにも、ソファーの選び方についてのポイントをご紹介します。

素材で選ぶ

ソファーの素材として一般的なものが“布”“合皮”“皮”の3種類です。

それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

布:寿命は5~7年程度

布製ソファーは座り心地が良いという反面で、汚れやすいという特徴があります。

汚れが付きやすいのですが、汚れを落とす方法もあり家庭でのシミ抜きも可能です。

カバーリングタイプのものであれば洗濯機で洗うこともできます。

合皮:寿命は3~7年程度

合皮の手入れは比較的簡単です。

中性洗剤を使用すれば、ほとんどの汚れは落とすことができます。

手入れに便利な一方で、合皮は熱に弱く摩擦熱でも傷んでしまうこともあるので注意が必要です。

皮:寿命5~10年以上

皮は耐久性に優れるのですが、手入れが難しいというのが特徴です。

紫外線や水分に弱く、手入れをなまけてしまうと5年程度でボロボロになってしまうこともあり気を使って使用する必要があります。

皮のメリットは手入れをしっかりとしていれば10年以上も使うことができるという点にあります。

今回、紹介した寿命はあくまで目安です。

手入れの方法によって寿命が短くなることもあれば、長くなることもあるので、大切に使用するように心掛けましょう。

サイズは必ず測る

ソファーを買って後悔することの代表が、「家に届いたら思っていたより大きい…」ということです。

これは、店舗のように広い場所では家具が小さく見えてしまう錯覚が原因になります。

部屋のサイズを簡単でも良いので測ってから購入するというのがソフファーを買う際には大切なのです。

まとめ

ソファーの買取タイミングを知るためには寿命を知ることが大切です、一般的なソファーの寿命についてまとめてみましょう。

  • 布製ソファーは汚れが目立つようになったら寿命。
  • 合皮製ソファーは表面が剥がれ始めたら寿命。
  • 皮製ソファーは手入れをすれば寿命は非常に長い。
  • 不要になった時点でソファーは寿命。

一般的なソファーの目安は上記のような内容ですが、上手に買い替えるためには、寿命による劣化が目立つ前に買取に出すことが大切です。

製造から5年以内のソファーで、状態に良いものであれば買取可能なケースがほとんどなので、5年を目安に買い替えましょう。

ソファーの処分方法ですが、ソファーは粗大ごみとして廃棄しなければならないため処分費用が必要になります。

不用品買取サービスを利用することで、処分費用が不要になることに加えて買取代金を受け取ることができる可能性もあります。

処分するよりも買取サービスを利用してリサイクルするほうがお得に処分できる可能性もあるので、ソファーの処分に困っている場合には不用品回収業者に問い合わせてみましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから