ベッドの処分方法について知りたい ~処分方法と費用・注意点について~

処分・廃棄で困ってしまいがちな“ベッド”。
ベッドを処分したいけれど方法がわからない人も多いのではないのでしょうか。
きちんと正しい方法で処分しなければ不法投棄となり、罰金を支払わなければならないこともあります。後々トラブルにならないためにも、ベッドの正しい処分方法を知っておきましょう。
パイプベッドやマットレスの処分方法、処分にかかる費用など詳しく説明します。
ベッドの処分で困っている人はぜひチェックしてください。

目次

  1. ベッドを処分する方法
  2. 処分費用の相場について
  3. 業者に依頼する際の注意点

1.ベッドを処分する方法

パイプベッドなどベッドにもさまざまな種類があり、それぞれ正しい処分方法があります。
そこで、ベッドやマットレスの処分方法をいくつか紹介しましょう。
どのような方法で捨てればよいのかわからない人は必見です。

1-1.リサイクルショップや買取店で売る

大型家具としてベッドを買い取っているお店が結構たくさん存在しています。
リサイクルショップや買取店などあなたの家の近くにも探したら見つかるかもしれません。
処分費用をかけずにベッドやマットレスを処分できる1番の方法はリサイクルショップ・買取店で売ることです。そうすれば処分費用はゼロ、売ったお金が得られます。
ただし、ベッドの状態によって買取価格が左右されるので自分が思っているほどの価格で売れるかどうかはわかりません。
状態がよければ高値で取引できる可能性もありますが、目立つ傷や汚れがついていると下がるでしょう。
また、マットレスはクリーニングに出したとしても一度使っているものは買い手がなかなかつきませんので売れる可能性は低いです。
新品状態に近いものなら売れますが、それ以外のものはあまり期待しない方がよいでしょう。
まずは一度、どのくらいで売れるかどうかお店にもっていってみてはいかがでしょうか。

1-2.自治体の粗大ゴミとして処分する

買い取ってもらえなかったベッド・マットレスはもらい手がない限り処分するしかありません。
ほとんどの人が自治体の粗大ゴミとして処分しています。
多くの自治体でベッドを粗大ゴミとして処分できますが、地域によって条件が決まっているので気をつけてください。
例えば、ある地域では粗大ゴミとして捨てる場合、事前に自治体に連絡をし、粗大ゴミの証であるシールを購入して貼らなければなりません。そうしなければ回収してくれないでしょう。
粗大ゴミのシールは地元の商店やコンビニなどで購入できます。
自治体への連絡は電話か、ホームページからでも申し込みできるようです。
また、ベッドを回収してもらうためには回収場所へもっていかなければなりません。
身体に障害があったり、1人暮らしの高齢者でない限りは原則として自分で回収場所まで運ぶように決められています。
あらかじめどこに運べばよいのか、自治体のホームページをチェックしておくとよいでしょう。

1-3.不用品回収業者に依頼する

ベッド・マットレスの処分を不用品回収業者に依頼するのもひとつの方法です。
不用品回収業者の場合、自治体よりも費用が高くなってしまいますが、連絡をすればすぐに対応してくれますし、重たいベッドを運ぶ手間も必要ありません。
自分で回収場所まで運ぶのが面倒、今すぐにでも処分したい人は不用品回収業者に依頼するのが1番です。
しかし、業者によって処分費用が異なってくるため、事前にチェックが必要になります。
できるだけ処分費用を抑えたいなら複数の業者を比較してどれがよいか調べてください。
どのくらい費用がかかるのか、相場については次の項目で詳しく説明したいと思います。

2.処分費用の相場について

2-1.自治体を利用する場合

引っ越しや買い替えの際に要らなくなることが多いベッド。
自治体の粗大ゴミとして捨てる場合、一般的に500円~1,500円程度で処分できます。
自治体によって処分費用は異なりますが、買取に出す以外の処分方法の中では1番お得です。たったワンコインで処分できるなら回収場所に運ぶのも苦ではないでしょう。
できるだけ費用を抑えたい方は自治体を利用してみてはいかがでしょうか。
もちろん、パイプベッドやマットレスも処分が可能です。
自分が住んでいる地域では処分費用がどのくらいなのかホームページで確認できます。
捨てる前にしっかり自分でチェックしておきましょう。

2-2.不用品回収業者を利用する場合

買取以外でもうひとつの処分方法である「不用品回収業者」。
業者を利用した場合にかかる処分費用はどのくらいになるのか気になる人も多いのではないのでしょうか。
業者によって詳しい費用は変わってきますが、目安としては3,000円~5,000円くらいです。
業者によっては数万円かかるところもあるようなので気をつけてください。
高い値段で回収する悪徳業者が増えており、消費者センターにも数多くの相談が寄せられています。業者は慎重に選ばなければなりません。
できるだけ不用品回収業者の費用を抑えたいならば、自分たちで業者に持ち込むことをオススメします。
そうすればある程度費用を抑えられることもあるので要チェックです。

3.業者に依頼する際の注意点

3-1.すぐに処分できる回収業者のメリット

回収業者に依頼するとすぐに対応してくれるのがとてもよかったと多くの人が言っています。
どうしてもすぐに処分しなければならなくなったベッドはそのまま置いておくわけにもいきません。
急を要するときこそ回収業者が役立つのです。
即日対応も可能なところが回収業者のメリットとなっています。
また、回収もとてもスムーズです。短時間で家から外に出してくれますし、手続きも早く済むでしょう。
費用は高くついてしまいがちですが、きちんとサービスが行き届いている業者に依頼すればあなたが希望する値段で抑えてくれるかもしれませんね。

3-2.チェックしておきたい業者選びのポイント

最近、不用品回収業者とのトラブルが多発しています。
悪質業者が増えてきており、多額のお金を奪い取られてしまった人も少なくないのです。
そんな悪質業者に引っかからないようにするためには業者選びのポイントを知っておかなければなりません。
納得のいくベッドの処分をするため、業者選びのポイントをいくつか挙げていきたいと思います。
ベッドの処分を考えている人は依頼する前に必ず確認してください。

  • 国の許認可を受けているか
  • 損害賠償保険に加入しているか
  • 制服や回収車に会社名が入っているか
  • 見積りに間違いがないか

主なチェックポイントは以上の4点になります。
まず1番に確認してほしいのは「国の許認可を受けているか」です。
きちんと国の許可を得ている業者はホームページ上に“産業廃棄物収集運搬業許可番号”が記載されています。もし記載されていなければその業者は許可を得ていないことになるので注意してください。
そして、「損害賠償保険に加入しているかどうか」も要チェックです。
損害賠償保険に加入していれば家からベッドを持ち出すときに誤って家の中を傷つけたとしても弁償してもらえます。
また、制服や回収車に会社名が入っているかどうか、見積りに間違いがないかどうか確認することも大切です。
依頼する前にこの4点についてはきちんとチェックしてくださいね。

まとめ

ベッドの処分方法について詳しく説明しましたがいかがでしたでしょうか。
最後にもう一度おさらいしたいと思います。

  • リサイクルショップ・買取店に依頼する
  • 自治体の粗大ゴミとして処分する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 自治体を利用する場合にかかる費用はおよそ500~1,500円
  • 回収業者を利用する場合にかかる費用はおよそ3,000~5,000円
  • 回収業者に依頼すればすぐに処分できる
  • 業者選びで気をつけておきたい4つのポイント

もし業者に依頼するなら、複数の業者を比較し、本当に安心して依頼できるところを選んでください。
少しでも疑問や不安点があれば依頼をやめておきましょう。
業者選びが何よりも大切になってくるので気をつけてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから