パソコンは粗大ごみとして捨ててはいけない!?正しいパソコンの捨て方とは?

パソコンは粗大ごみとして捨てることができるのか?パソコンの処分方法について悩んでいる方は必見です!
パソコンの捨て方や処分の仕方、パソコンケースのみでの処分、PCを処分する際の注意点について詳しくみていきましょう。
パソコンを粗大ごみとして処分しようかな…と考えている人は捨てるまえに必ずチェックしてください。

  1. パソコンは粗大ごみとして捨てられるの?
  2. 正しいパソコンの捨て方
  3. 処分する時の注意点

1.パソコンは粗大ごみとして捨てられるの?

パソコンを処分するために自治体に粗大ごみとして出す人は要チェックです!
粗大ごみとして出すまえに知っておかなければならないことがあります。
間違った方法で処分してしまうと後々トラブルになってしまうため注意が必要です。
スムーズにPCを処分するためにも正しい知識を身につけておきましょう。

1-1.粗大ごみとしてパソコンを捨てることはできない

パソコンは粗大ごみとして捨てることはできません。
以前までは粗大ごみとして処分できましたが、2003年の「資源有効利用促進法」が施行されてからパソコンもリサイクル対象となりました。
よって、粗大ごみとして捨てることが禁止され、リサイクル法にのっとってパソコンを処分していかなければなりません。
たとえ粗大ごみでパソコンを出したとしても自治体の回収車は持っていってくれませんので不法投棄ということになります。
粗大ごみとして捨てようと思っていた人は違う方法で処分してください。
どうしても分からない場合は、自治体に問い合わせてパソコンを回収してくれる業者を紹介してもらうと良いでしょう。

1-2.なぜ粗大ごみで捨てられないの?

パソコンの処分において欠かせないのが、「PCリサイクル法」と呼ばれる法律です。
この法律は、基本的にパソコンを捨てるときはパソコンメーカーに回収してい処分することが記載されています。この法律をきちんと守って処分しなければ違反となってしまうため注意してくださいね。
自治体によって粗大ごみのルールは変わりますが、どこの自治体でもパソコンは回収してもらえません。
パソコンメーカーに連絡して回収してもらうか、またはパソコン専門店や家電量販店で引き取ってもらうことになるでしょう。
パソコンを粗大ごみとして捨てられない理由には、「PCリサイクル法」が関係していたのです。
このことは絶対に頭の中に入れておいてください。

1-3.パソコンケースであれば回収OKの場合も…

パソコンを傷や衝撃から守ってくれる「パソコンケース」。
パソコンは粗大ごみとして出すことはできませんが、パソコンケースであれば回収してくれるケースもあるようです。
自治体によって違うため、事前に確認をしてください。
パソコンケースをそのまま粗大ごみとして出せば良いのか、それともバラバラに細かく分解して不燃ごみとして出すべきなのか教えてくれるでしょう。
パソコンケースだけ自治体のごみとして処分し、パソコンはメーカーに回収してもらう。このような方法で処分してください。

2.正しいパソコンの捨て方

2-1.メーカーに回収してもらう

粗大ごみで捨てることができないなら、パソコンはどうやって処分すれば良いのでしょうか。
1番良い方法は、「メーカーに回収してもらう」方法です。
捨てたいパソコンに“PCリサイクルマーク”がついていれば必ずメーカーに連絡して回収してもらわなければなりません。そのパソコンのメーカーの窓口に連絡してみましょう。
メーカーのホームページをチェックするとリサイクルのページがみれます。そのページにはどのように連絡をとれば良いのか説明しているので必ずチェックしてください。
もし、ホームページを見ても分からない場合は家電量販店に聞いてみましょう。

2-2.パソコン回収業者に依頼する

基本はメーカーで回収してもらう処分方法となりますが、パソコン回収を専門的におこなっている業者に依頼するのもひとつの方法です。
パソコンの取り扱いに慣れているため、スムーズに処分できるでしょう。
ただし、パソコン回収業者に依頼する場合は費用がいくらかかかってしまいます。
どのくらいの費用になるのか、依頼するまえに業者に問い合わせて見積もりを出してもらってください。
業者によって費用が多少異なるのでひとつだけでなく、いくつかの業者に見積もりを出してもらい比較すると良いでしょう。
また、不用品回収業者でもパソコンを回収してくれるところもあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

3.処分する時の注意点

3-1.ハードディスクのデータは完全に消すこと

パソコンを処分するときに絶対に気をつけてほしいことがあります。
それは、「ハードディスクのデータを完全消去する」ことです。
ハードディスクには今までの使用履歴やパソコンの中に入れたファイル・写真・動画といったデータがすべて詰まっています。
よって、必ず完全に消去しなければ再びデータが復元され、悪用されてしまうでしょう。
ハードディスクを初期化しただけでは復元ソフトでデータが元に戻ります。完全に消すためにはハードディスクを破壊するか、専用のソフトでデータを完全消去しなければなりません。
もし、やり方が分からない場合は、パソコン専門店でデータ消去のサービスがあるのでそのサービスを利用してください。

3-2.不用品回収業者の費用を確認する

パソコンの処分を不用品回収御者に依頼するときは処分にかかる費用を確認してください。
費用は業者によって違います。できるだけ費用を抑えたいならば、何社か見積もりを出してもらい比較することが1番です。
クリーンレスキューでは24時間見積もり無料サービスをおこなっており、ネットで簡単にパソコンの情報を入力するだけでどのくらいの費用になるのか計算してくれます。24時間いつでもできるので通勤時間や休み時間に気軽に利用できるでしょう。
また、使えそうなパソコンであれば買取をしてくれます。
ただ処分するのではなく、少しでもお金になるのであれば売った方がお得ですね。

まとめ

パソコンはなぜ粗大ゴミとして捨てることができないのか、正しい捨て方やポイントについて説明してきました。
最後にもう一度確認しておきましょう。

  • 粗大ごみとして捨てるのはNG
  • PCリサイクル法により、パソコンはメーカーで回収してもらうこと
  • パソコンケースであれば粗大ゴミでもOK
  • 不用品回収業者やパソコン専門店での回収も可能
  • パソコンを捨てるまえに必ずハードディスクのデータを消すこと
  • 不用品回収業者に依頼するときは見積もりをしっかりチェックする
  • 業者のサービスを有効利用しよう

何の情報や知識を知らないまま粗大ごみとしてパソコンを捨てるとトラブルを招いてしまいます。
パソコンを処分する際には「PCリサイクル法」があることを知り、正しい方法で処分しなければなりません。
実際にパソコンを間違った方法で捨ててしまい、不法投棄になってしまった人もたくさんいます。
ただし、パソコンケースのみであれば粗大ごみとして捨てられる自治体もあるので、ホームページで確認すること。
処分方法が決まっても、パソコンにデータが残っていないかどうか、完全に消されているかどうかの確認はとても大切なことです。
データが残ったまま処分すると情報が流出し、悪用されてしまいます。
気持ち良く捨てるためにもパソコンの正しい捨て方について知り、知識を身につけたうえで処分しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから