遺品整理の方法とは? こんなサービスを行っている業者もあります。

今、親の家の片付けに悩む人が増えているそうです。
自治体のゴミ回収のルールは年々厳しくなり、不要なものはすべてゴミ捨て場へというわけにもいかないでしょう。
では、残された膨大な遺品を上手に整理するためにはどうしたらよいでしょうか?
今回はその方法をご紹介します。
残された遺品の量や、整理にかけられる時間でやり方は変わってくるのです。
身内が亡くなり、残された遺品の処理に困っているという方や、今のうちに遺品整理の方法を知っておきたい、という方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 遺品整理が大変になりやすいケースとは?
  2. 遺品整理の手順や方法とは?
  3. 困ったときは業者に頼ろう
  4. おわりに

1 遺品整理が大変になりやすいケースとは?

この項では、遺品整理が大変になりやすいケースをご紹介します。
生活様式によっても、残される遺品の量は変わってくるのです。

子供が独立した老夫婦の家

長年住み続けた家には、捨てられない不用品がたまっていることが多いです。
とくに家が広い場合は、収納スペースもたくさんある分残される遺品も膨大な量になる可能性が高いでしょう。
また、今の70代、80代の方は戦中、戦後の物不足の時代を経験しているので、不用品を捨てるのを嫌がる人も多く、子供が不用品を整理しようとすると難色を示しがちなのです。

長年ひとり暮らしをしてきた男性の家

男性のひとり暮らしは、女性のひとり暮らしに比べて家の中が乱雑になりやすいです。
その上高齢になると、ゴミ捨てが面倒くさくなり、自宅がゴミ屋敷になってしまうこともあるでしょう。
妻に先立たれた夫でも同じようなことになる場合があります。

多趣味な人の家

趣味は人生を豊かにしてくれる大切なものです。
しかし、たくさんの道具が必要な趣味をいくつも持っている人が亡くなると、残された遺族は残された膨大な遺品の整理におわれることも多いのです。
また、コレクターが身内にいる場合も、遺品整理が大変になりやすいでしょう。
書画や骨董など価値がわかりやすいものが残されれば売ることもできますが、本人しか価値がわからないものを大量に集めていた場合は処分するのも大変です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから