事務用品の買取を依頼したい方は必見!知っておきたい基礎知識

効率的に作業や仕事をするためにも必要不可欠な“事務用品”。
古くて使っていない事務用品をそのまま放置してはいませんか?
処分しなければならないけれど、どうすれば良いのか分からない…と悩んでいる方も多い思います。そんなときは、思い切って売ってしまった方が楽です!
事務・オフィス用品を売る方法やコツ、リサイクル業者選びの注意点などなど、詳しく見ていきたいと思います。
事務機器を売ろうかな…と考えている方は要チェックです。

1.事務用品を売る方法

買取をおこなっている不用品回収業者に依頼する

さまざまな不用品回収業者が存在していますが、中にはオフィス用品・事務用品・機器を専門に買い取っている業者がいくつかあります。
そのような業者に依頼するのも売るひとつの方法です。
まずは、インターネットや電話帳で調べてみてください。
インターネットで「オフィス用品 買取 ○○(地名)」と検索すればすぐにヒットするでしょう。
大きいテーブルやイス・ロッカーでも電話1本で買取にやってきてくれるので安心ですね。
自分たちでわざわざ運ぶ手間も省けます。

リサイクルショップを利用する

街中にはさまざまなリサイクルショップが営業しています。
リサイクルショップでも事務用品を買い取ってくれることはあるので利用してみてはいかがでしょうか。
全国展開をしているリサイクルショップもあり、近くの店舗に問い合わせをしてみると良いでしょう。そのショップの人気商品であればあるほど高く買い取ってくれる可能性があります。
また、リサイクルショップのホームページで簡単に見積もりを依頼することもできるのでオススメ。
買い取ってもらいたい事務用品の金額が知りたいのであれば、まずは見積りを申し込んでみてください。

最後の手段「ネットオークション」

買取店やリサイクルショップでは買い取ってもらえなかったものでも、ネットオークションであればもしかしたら売ることができるかもしれません。
ネットオークションは低価格で欲しがっている人たちがたくさんいます。
買取価格は店で売るよりも低くなってしまいますが、要らなくなったオフィス用品を処分することができるのでオススメです。
ネットオークションに出すときは、自分でスタート価格を決めることが可能。スタート価格を高めにするか安めにするかはあなた次第。相場価格も考えたうえで設定すると良いでしょう。
あまり高すぎると買い手が見つからないという状況になってしまうので注意してくださいね。

2.事務用品の買取方法は3つ

一般的な方法の「店頭買取」

不用品回収業者・リサイクルショップによって提示されている買取方法は異なりますが、ほとんどのお店でおこなっているのが「店頭買取」です。
売りたい事務用品を直接お店に持っていき、その場で査定・買取してくれるでしょう。
買取価格に納得がいけばそのまま引き取ってくれるのでスムーズに手続きを済ますことができます。
店頭買取のメリットはその場で不安・疑問点について尋ねられること、そして交渉ができるという点です。
なぜそのような買取価格になったのかお店の人に詳しく聞けますし、納得がいかない場合は交渉次第で高めに設定してくれるかもしれません。
また、しっかりお店の人が査定をおこなっているかどうかチェックすることもできます。
やはり、安心して事務用品を売るためには直接自分の目で様子を見た方が安心ですね。

売るものが多いときに便利な「出張買取」

店舗の移転や買い替えをおこなうとき、処分したい事務用品がたくさん出てくることでしょう。そのようなときにわざわざ買取店に持っていくのはとても大変です。荷台のあるトラックを使わなければなりませんし、運ぶのに時間と人手が必要となります。
売るものが多いときはぜひ「出張買取」を利用してください。
出張買取とは、電話1本で直接店舗までお店の人がやってきて、査定を行い、そのまま買い取ってくれるシステムのことです。
買取店に持っていく必要はありませんし、時間も使うことはありません。
事前にホームページから買取の申し込みをしておけば、指定した時間に業者がやってきてくれるでしょう。
買い取ってほしい事務用品について詳しく伝えておくと、よりスムーズに買取が進められます。

好きなペースで買取できる「宅配買取」

店舗の移転・大掃除に合わせて買取を進めたいというときは、自分たちのペースで依頼することができる「宅配買取」がオススメ。
大きい事務用品は宅配買取が難しいと思うかもしれませんが、宅配業者に連絡すれば回収しにきてくれるので安心です。わざわざ店舗に運ぶ必要もなく、自分たちのスケジュールで買取を依頼することができるでしょう。
宅配買取を利用する場合は、宅配買取をおこなっている業者かどうか必ず確認してください。ホームページに記載されていなければ、問い合わせフォームや電話で尋ねてみましょう。

3.事務用品を高く売る3つのコツ

事前にキレイにすること

リサイクルショップや買取店に持っていく前に、すべての事務用品をキレイにしておきましょう。
これが事務用品を高く売るための大切なコツになります。汚いものよりも新品同様のようにキレイな状態の方が誰だって良いですよね。
査定をする人は私たちと同じ人間です。
汚い状態であれば査定価格を下げる傾向があるので注意しておかなければなりません。
ホコリがかぶっていないかどうか、小さな汚れがあるかどうか細かいところもチェックしておくと良いでしょう。
細かいところまでキレイにしておくと査定価格もよりアップする可能性があります。

説明書・保証書・箱のような付属品も査定価格がUP

事務用品の買取価格を上げるコツとして定番になっているのが、「付属品」。
事務用品についていた付属品を一緒に査定に出せばかなり高い確率で査定価格を上げることができるでしょう。
付属品として挙げられるのは、説明書・保証書・入っていた箱やケース・領収書・予備のネジなどがあります。
買取に出すまえに、付属品があるかどうか必ず確認してください。
買取に出すときにできるだけ高く売るためにも、付属品は大切に保管することをオススメします。

いくつかまとめて売ること

事務用品を高く売るための最後のポイントは、「まとめて売る」ことです。
ひとつだけでなく、何点かまとめて売ることで買取価格がUPする可能性があります。
オフィスイスひとつだけでなく、いくつかまとめて売ったり、ほかのテーブルやサイドボード、事務機器なども組み合わせて売ると良いでしょう。
まとめて売ると、お店側もセットとして売ることができるため、販売がしやすいためです。
買取に出すまえに、「どうすれば高く売ることができるのか」をぜひチェックしてくださいね。

4.事務用品を売るときに気をつけておきたいこと

信頼できる業者を選ぶことが大切

事務用品の買取をおこなっている業者の中には、悪徳業者もたくさん存在していることを忘れてはいけません。
本当は高い買取価格がつくのに安く買い取りをおこなったり、不正な方法で処分をおこなっているリサイクルショップもあるのです。
事前に本当に信頼できる業者かどうか確認することをオススメします。
では、どうすれば信頼できる業者を選ぶことができるのか、チェックしておきたいポイントを確認していきましょう。

  • 本人確認をおこなっているかどうか
  • しっかり査定をしているかどうか
  • 口コミや評判をチェック
  • 買取相場を知っておくこと

以上の4点に注意して業者を選んでください。
きちんとしている業者では本人確認を必ずおこなっています。
本人確認書類として免許証や保険証の提示をしなければなりません。
悪徳業者に引っかからないためにも信頼できるかどうか自分でしっかり確認することが大切です。

リース契約をしている事務機器・事務用品はNG

基本中の基本ですが、リース契約をしている事務機器・用品は売ることができません。
自分たちの所有物でなければ売ることはできませんし、もし契約違反になってしまうと罰金を支払わなければならなくなってしまうので注意してください。
これから売ろうと考えている事務機器・用品がリース契約となっていないかどうか、しっかりと確認しておきましょう。

まとめ

事務用品の売り方について説明してきましたが、参考になったでしょうか。
ただ売るだけではなく、売るコツやポイント・注意点についてしっかり把握しておけば、よりスムーズに売ることができるはずです。
事務用品の買取に悩んでいる方は確認しておきましょう。

  • 不用品回収業者やリサイクルショップを利用する
  • ネットオークションで売る
  • 「店頭」「出張」「宅配」の買取方法がある
  • 事前にキレイに掃除をしておくと査定価格がUP
  • 付属品は一緒に提出する
  • まとめて事務用品を売る
  • 信頼できる業者で売る
  • リース契約中の事務用品は買取NG

まとめてみると以上のようになりました。
どのように事務用品を売れば良いのか分からない店舗はぜひチェックしてください。
正しい知識を身につけ、満足のいく買取価格で事務用品・機器を上手に売っていきましょう。
買取に失敗しないためにも正しい知識は必要です。
売ったお金で新しい事務用品を購入することもできるので、より高く売るためにもポイントをしっかり掴んでくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから