不要になったワインセラーを処分する4つの方法

ワインセラーを処分したいと思った場合、「どうやって処分すればいいかわからない…」なんてことはないでしょうか。いざという時に捨て方がわからないというものは意外と多いですよね。

では、ワインセラーの処分の仕方にはどのような方法があるでしょうか? 今回はワインセラーを処分する方法について解説していきます。

  1. リサイクルセンターに持ち込む
  2. ワインセラーの販売店で処分してもらう
  3. ワインセラーを扱うリサイクルショップに売る
  4. ワインセラーを回収している不用品回収業者に依頼

1.リサイクルセンターに持ち込む

ワインセラーは冷蔵庫と同じような仕組みとなっているため、そのまま粗大ゴミとして捨てることはできません。家電リサイクル法というルールで決められた方法で処分をしなくてはならない家電製品なのです。まず一つ目の方法は、リサイクルセンターへ持ち込んで処分を依頼するという方法です。

リサイクル券という券が自治体ごとに販売されていますので、それを購入して自分でリサイクルセンターへワインセラーを持っていきましょう。この方法は、自分で運搬するということもあり、かなり費用が抑えられます。

2.ワインセラーの販売店で処分してもらう

ワインセラーを購入した店舗で処分が可能かどうか一度確認してみましょう。また、新たなワインセラーを購入するときは、納品の際に古いワインセラーを引き取ってもらえないか聞いてみてください。この場合、リサイクル料金は負担する必要がありますが、それでも自分でリサイクルセンターに持ち込むよりは楽に処分できると思います。

3.ワインセラーを扱うリサイクルショップに売る

金銭的にも損をしなくて済むのが『売る』という選択です。買い取ってもらうのですから、こちらから払う費用は基本的にはありません。ワインセラーを家に欲しいと思っていても、新品は高くて手が出せない…という人が結構いるはずです。

だからこそ、中古のワインセラーの人気が高いのです。処分する前に一度リサイクルショップなどで買い取ってもらえるかどうか査定を依頼してみてください。

4.ワインセラーを回収している不用品回収業者に依頼

不要になってしまったワインセラーをとにかく早く楽に処分したいのなら、不用品回収業者がダントツでしょう。出張回収を行っている業者なら、連絡をすればすぐに取りにきてくれます。他の方法では自分で運び出す必要がありますが、家の中から運び出すところから任せられるので手間は何もかかりません。

費用はそれなりにかかりますが、それでも楽に処分ができるなら…と選択する人が多いようです。ワインセラー以外にも処分したいものがある場合はまとめてお願いすると処分費用が割安となることもありますので、他にいらないものがないか探してみるのもよいでしょう。ただし、中には悪質な業者も存在しますので、業者選びには十分に注意してください。

まとめ

  • リサイクルセンターへ持ち込み
  • 販売店で処分してもらう
  • リサイクルショップで売る
  • 不用品回収業者に依頼する

4つのワインセラー処分方法をご紹介しました。できるだけ安く処分をしたいか、それとも楽を重視したいか…それによっても選ぶべき処分方法が変わりますので、4つの中からご自分にあった方法を選んでみてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから