溜まった使い捨てライターに悩む人へ! 正しい処分方法と注意点

気付くと大量にたまっているのが使い捨てライターですよね。
特にタバコをカートンで購入しているという人の場合、使い切っていない使い捨てライターがたくさんあって困っているのではないでしょうか。

今回は正しい使い捨てライターの処分方法について紹介します。
間違った方法で処分をしてしまうと大変危険なので、自己流で処分をしないよう気を付けましょう。

適当に処分をするのは大変危険

使い捨てライターは中に液体が入っているのが見えるものが多いですが、これはブタンガスです。
ブタンガスは空気に触れることによって気体の可燃性ガスになるので、まずは中のガスを完全に抜く必要があります。

ガスということなので、適当に処分をするのは危険だということがわかりますよね。
例えば、そのままゴミとして捨ててしまった場合、ごみ収集車内での車両火災に繋がってしまうこともあります。

ガスを抜く前の準備と注意

まずは周囲に火の気がないことを確認しましょう。
室内で行うのは危険なので、風通しの良い屋外で行わなければなりません。

ガスを抜くために準備しなければならないのは粘着力が強いテープのみです。
しっかり固定できれば一般的なセロハンテープでも問題ありません。
または輪ゴムでも大丈夫です。

使い捨てライターのガス抜き

着火装置部分のレバーを押してガスを出します。
この時、レバーを押すと火がつくタイプの使い捨てライターはすぐに火を吹き消しましょう。

次に、レバーを押したままの状態になるよう粘着テープや輪ゴムを使って固定します。
近年主流になっている幼児対策がされたライターは、レバーがきつくなっているので輪ゴムを重ねて固定するほうが向いています。

正しくガスが抜けていれば「シュー」という音がするので音を確認し、聞こえないようであれば再度同じ手順を踏んでしっかり固定しましょう。

あとはそのままの状態で風通しが良くて火の気がないところに半日から1日放置するだけで中のガスを抜くことができます。

中の液体がなくなったことを確認したら、着火操作をしてみましょう。
ここで火がつかなければガス抜き完了です。

捨てる時の注意点

使い捨てライターの処分方法は、住んでいる地域によって異なります。
燃えないごみとして捨てるのが一般的ですが、別袋に分別しなければならなかったり、袋の外に「キケン」または「ライター」と表示しなければならないところもあるので、自分の住んでいる地域のごみ分別表などを確認しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

  • 火の気がなく、風通しが良いところでガス抜きをする
  • ガスが完全に抜けたか確認する
  • 地域によって捨て方が異なる

という点に注意して使い捨てライターを処分しましょう。
実際にやってみるととても簡単で時間もかからないので、つい大量に溜め込んでしまう使い捨てライターも正しい処分方法を知っておけば安全に捨てることができますね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから