使わなくなった電子ピアノの処分方法は3つ!

電子ピアノを処分するのに困ってしまう方が多いです。
電子ピアノは大きいサイズから簡易的なものまでさまざまな種類が発売されており、気軽に購入することができるようになりました。
しかし、いざ処分するとなるとどのような方法で処分したら良いのか困ってしまうものです。
壊れた、または使わなくなってしまった電子ピアノは場所をとってしまいますし、邪魔になってしまいます。
スムーズに処分することができるように、電子ピアノの処分方法をいくつか紹介します。
処分しようかな…と考えている方、困っている方は要チェックです。

電子ピアノを引き取ってくれる業者に依頼する

インターネットで検索すると電子ピアノを引き取ってくれる業者がいくつか存在していることがわかります。
電子ピアノを引き取ってくれる業者に依頼することもひとつの処分方法です。
比較的大きめの電子ピアノでも引き取り可能な範囲に住んでいるのであれば、業者が回収に自宅までやってきてくれます。
わざわざお店にもっていく手間も省けますし、面倒くさいと感じている人にとっては嬉しいサービスです。
引き取った電子ピアノは資源リサイクルとして、または欲しがっている人の手元にいきリユースされるので安心できるでしょう。
回収費用も10,000円未満で済むのでお得なのではないのでしょうか。
ただし、業者によってはお金が必要以上にかかってしまうところやきちんと再利用していないところもあるので慎重に選ばなければなりません。
業者の口コミや評判もチェックすると良いでしょう。

粗大ゴミとして処分する

壊れてしまっている電子ピアノは粗大ゴミとして自治体に回収してもらうことができます。
ただし、自分が住んでいる自治体が電子ピアノを回収していないところもあるので注意しておかなければなりません。
すべての自治体が回収しているとは限らず、電子ピアノをそもそも回収していない自治体もあるのです。
このことについて知っている人は少なく、そのまま粗大ゴミとして出している方もいらっしゃいます。
自治体に連絡してもし回収してもらえるようでしたら粗大ゴミの証であるシールを購入しなければなりません。
自治体によっては申し込みをする必要もあるので事前に調べておきましょう。
そして、指定された回収場所まで電子ピアノを運びます。
大きい電子ピアノは2人で運ばなければいけないので手間はかかってしまいますが仕方ありません。
追加料金を支払えば自宅まで回収しにきてくれる自治体もあるようです。
まずは、自分が住んでいる地域が電子ピアノを回収してくれるかどうか調べてみてください。

オークションに出品する

電子ピアノはオークションに出品することができます。
オークションはインターネット環境があれば誰もが利用できますし、全国中に買い手を探せるのがメリットとなっています。
ほんの少しの値段でも電子ピアノを売ることができれば嬉しいものですが、時間がかかってしまうのがデメリットです。
買い手が見つかるまでも時間はかかりますし、落札した人に電子ピアノを送らなければならないのでさらに時間や労力をかけてしまうのです。
時間や労力をかけずに早く処分したいという方にはあまりオススメできません。

まとめ

電子ピアノの処分方法は主に3つあります。
電子ピアノを回収してくれる業者に依頼する、粗大ゴミとして出す、オークションに出品する方法です。
それぞれメリットやデメリット、注意点があるのでしっかりチェックしておきましょう。
自分にあった方法で処分することが1番です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから