見積もりと全然違う!不用品回収業者とのトラブルを避けるためのコツ

引越しや不要家具の整理にとても役立つ不用品回収。
大型の家電や家具を電話一本で処分してくれるのでとても便利です。
一度は利用した人も多いでしょう。
一方、一部の不用品回収業者と利用者の間でトラブルがあることも事実。
そこで今日は、不用品回収利用時にありがちなトラブル、そしてその予防法をご紹介します。
利用する前にぜひ読んでみてくださいね。

■ありがちなトラブルの例

独立行政法人国民生活センターに寄せられた苦情の一部をご紹介します。
それによると年々苦情が増える傾向にあるようです。

・最初は「無料」と聞いていたのに、後々料金を請求された

無料とアナウンスする車を呼び止めて不用品を渡したら数千円取られた。

・見積もりと大幅に異なる金額を請求された

見積もりでは無料と聞いていたのに、作業終了後に数十万の金額を請求された。

・ゴミの不法投棄

無事に専門業者に依頼したのに、道端に自分の家のゴミが捨てられていた。

・勝手にゴミを増やす

家の中にある必要な物を作業員が勝手にゴミとして持ち出すケース。

■無料に騙されないこと

不用品回収業者の広告には「無料」と大きく記載されていることがありますね。
しかしほとんどの場合、見積もりから処分まで全ての作業が無料となることはなく、「無料」という言葉はあくまでも宣伝にすぎません。
問い合わせたときに、何が無料なのかを明確にしておくべきです。
法外な金額を請求されたら、勇気を出してはっきりと断りましょう。
不安があるならば、メモを取ったり会話を録音することをおすすめします。

■まずは電話での見積もりを依頼する

気の弱い人は、直接面と向かうと多少料金が高くても断れないかもしれません。
威圧的な業者であればなおさらです。
トラブルや苦情が少ない業者は、きちんと電話での見積もりに対応しています。
たとえ処分したいものが1つでも対応は変わりません。
事前にいくつかの業者を比較すると分かりやすいですよ。

■所在地のない回収業者には注意

本拠地がなくトラック1つで点々と移動する業者には注意しましょう。
万が一トラブルになったとき、通報しようにも所在不明で相手が逃げてしまうことも。
怪しいなと思ったら依頼する前に所在地や会社名を聞き、業務内容の確認をおすすめします。

おわりに

このようなトラブルがあると聞いて、不安に感じるかもしれませんね。
ただ、クレームが発生する業者はごく一部で、真剣に業務に取り組む業者がほとんどです。

失敗しない業者選びのチェックポイントは

  • 何が無料で何が有料かをきちんと説明する
  • 名称や所在地を明らかにしている
  • 電話見積もりにも応対する
  • 威圧的な対応をしない

上記をおさえておきましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから