大掃除や引っ越しで出る不要になった食器の4つの処分方法

食器はかわいいものがあるとすぐに買ってしまいがちですが、たまった食器の処分は面倒で、家にたくさんたまってしまっている…なんて方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな家庭にたまってしまった食器の処分方法についてご紹介いたします。引っ越しや大掃除の季節、家にたまった食器を上手く処分し、快適な生活を過ごしましょう。

食器の処分方法1 不用品回収業者にまとめて依頼する

大量の食器の場合、不用品回収業者にまとめて依頼してしまうことが最も手っ取り早い方法です。割れてしまって怪我をしてしまうこともある瀬戸物や陶器の食器の場合、特に業者を利用する方がいいでしょう。業者であれば、電話一本で依頼することができ、事前に見積もりからスケジュールの提案までを行ってくれます。また、不用品回収業者に依頼すれば、粉々に食器を壊す必要もありません。安全でスムーズに処分するには、この方法が最もいいのではないでしょうか。

不用品回収業者の場合、食器自体の破損や使用の有無にかかわらず回収してもらうことができます。特に、壊れてしまった食器や、値がつかないような食器が大量にある場合、この方法がおすすめです。

食器の処分方法2 リサイクルショップなどに買い取ってもらう

不要になった食器類は、リサイクルショップに買い取ってもらう方法もあります。リサイクルショップに買い取ってもらうメリットは、やはり料金がかからない事です。料金がかかるどころか買い取ってもらうことができるので、金銭的なお得感はあります。ただし、一般家庭にある食器ですと値がつかない事が多く、買い取ってもらえても大きい金額にはならないことが多くあります。さらに、リサイクルショップは通常、持ち込みでの査定になるので、査定結果によっては運搬した苦労が無駄になってしまう事もあります。

リサイクルショップに買い取ってもらう場合、事前に値がつくような品かどうかを把握したうえで利用することと、食器自体がまだ使える状態であること、さらに壊れやすい食器を安全に運搬することが必要です。これらの条件に合えば、どんな方法よりもお得な処分方法になるでしょう。

食器の処分方法3 燃えるゴミとして自治体に依頼

食器の一般的な処分方法は、燃えるゴミとして地方自治体に依頼することです。自治体ごとのルールが違いますが、多くは燃えるゴミとして扱うことが多いようです。(陶器の日として扱う事もあります。)決められた日に、決められた場所に置いておけば、回収してくれます。特別お金を取られることもありませんし、確実に処分してもらうことができます。

この方法のデメリットは、自分自身で回収してもらえる状態にしなければなりません。割れやすい食器をビニール袋に入れたり、指定の回収場所に持ち込まなければなりません。少量であれば通常のゴミと同様に扱えますが、大量になると手間になったり、指定の回収日まで保管しておかなければならないなどの制約が発生します。「すぐに処分したい」「手軽に処分したい」などといったご要望がある場合、上記の2つの方法を考えてみるといいでしょう。

食器の処分方法4 必要な方に寄贈する

最終手段としては、必要な方に寄贈する方法があります。親しい関係の方であれば、使用済みの食器も引き取ってくれるでしょう。また、「ご自由にお持ちください」と書いて家の前においておくという方法もあります。こちらは引き取り手がいるか不明ですし、邪魔になる可能性があるのでオススメできませんが、必要としてくれている人に贈るという意味では効果的なのかも知れません。

さいごに

以上、不要になった食器の処分方法になります。引っ越しや大掃除などの際、よく出てくる不要品である食器。きれいさっぱり手放して、新しい食器と共に生活してみてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから