小型家電リサイクル法とは?

2013年の4月から、「小型家電リサイクル法」が始まったことをご存知ですか?
一般の方にはまだまだ普及していないこの法律ですが、一体何なのか、何のために施行されているのかをご説明したいと思います。

そもそもどんな法律なの?

小型家電リサイクル法とは、デジタルカメラやゲーム機等の使用済小型電子機器等の再資源化を促進するために策定された法律です。例えば、壊れてしまったデジカメやゲーム機などをこれまでは「燃えないゴミ」で処分していましたが、リサイクルできる原料を含んでいるために自治体で引き取り、適切なリサイクル活動を行う目的があります。この法律は昨年の4月に始まり、地区町村や協力小売店などでこの法律に基づいた取り組みが行われています。この法律を知ることができれば、一般の方でも活動に協力することができます。ぜひ、この機会に小型家電リサイクル法についての知識を深めてください。

対象の製品は?

この法律によって対象となる製品は、家庭の電気や電池で動くあらゆる製品が対象になります。例えば、デジタルカメラやゲーム機、携帯電話やパソコン、デジタルオーディオプレイヤーなどが対象となります。他にも、製品に備え付けられている電源アダプタなども対象です。これらの製品は、回収を請け負う市区町村によって品目が異なっているので、お住まいのルールに基づいて対象品目を把握してください。

なぜ小型家電をリサイクルする必要があるのか?

小型家電には、小型家電には、鉄、アルミ、金、銀、銅、レアメタルなどの貴重な金属が使われています。日本では年間65万トンもの小型家電が捨てられ、これらの製品に含まれる金属類を合計すると844億円分の資源になるのです。これまで処分された小型家電は、一部の金属を除いて埋め立てに使われたり、溶解処分をされてきました。しかし、小型家電に含まれる金属類を国をあげて再利用しようとして始まったのが、この小型家電リサイクル法なのです。エコの意識が高まる昨今だからこそなし得たこの法律。人々に周知され、消費者単位で理解していかなければならないのですが、まだまだ認知度は低く、人々に浸透していない傾向にあるのです。

どのようにして回収されるの?

市区町村で決められた品目を処分する場合、協力小売店や所定の場所に回収ボックスやピックアップ回収を行うための場所が設置されています。壊れた小型家電などは、こういった場所にて回収されます。また、一部の地域ではゴミ回収の区分に「小型家電」が設けてあります。これらの方法で簡単に回収してくれるので、利用者は手間にならず、いつでもどこでも捨てられる環境に整えられつつあるのです。また、不用品回収業者に依頼する処分方法がありますが、無許可で営業している不用品回収業者に依頼することはできません。ご家庭から廃家電などの廃棄物を回収するには、市区町村の「一般廃棄物処理業」の許可や委託が必要です。無許可で営業している不用品回収業者から、不法投棄の事例が相次いだため、不用品を回収する業者にも利用の制限がかけられているのです。

無許可の回収業者の見分け方とは?

許可が下りている業者かどうか、判断が難しいところです。ただ、気をつけなければならないのが、大音量で街中を巡回している業者や、空き地を使って回収している業者、チラシをばら撒いて営業活動を行っている業者は要注意です。こういった業者は利用せず、回収業者に依頼する場合は必ず許可を取っている業者に依頼しましょう。

最後に

以上、小型家電リサイクル法についてご説明いたしました。

まだまだ普及していないこの法律ですが、日本の将来のために必ず必要になる事です。しっかりと意識をもって、小型家電を処分しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから