期限が切れたらどうすればいい? 消火器の処分方法とは?

よくTVやニュースで取り上げられていますが、「消火器の使用期限」があるということをご存知でしょうか。
知らない人が多い消火器の使用期限。
もし使用期限が切れている消火器を使ってしまうと出火した火を消すこともできなければ、消火器の引き金を引いたとたん破裂してしまい怪我をする危険性もあるのです。
置いている消火器の使用期限が切れていないかどうか確認すると同時に新しい消火器に取り替えなければなりません。
新しい消火器に取り替えるとき、古い消火器の処分には困ってしまうもの…。
どのような処分方法があるのかみていきましょう。

消火器リサイクルシステムの導入

2010年から消火器もリサイクル方法が導入されています。
リサイクル対象製品となったため、電化製品や自転車などの製品をリサイクル方法と同じです。
リサイクル廃棄方法としては3つの方法が挙げられています。
「特定窓口」に依頼する・「指定引取場所」にもっていく・ゆうパックでの郵送の3つです。
それぞれまったく違う方法となっているのでリサイクルに出す前にチェックしておきましょう。
特定窓口は日本消火器工業会が指定しており、そこにもっていくとリサイクルシールを購入することができます。
リサイクルシールのほかにも回収のための費用がかかるので注意してください。
そして、指定取引場所は全国200箇所に存在しているので近いところを検索しもっていきましょう。
リサイクルシールさえ貼り付けておけばその他の費用はかかりません。
ゆうパックは専用の箱・リサイクルシール・運搬費・保管費などさまざまな費用がかかってしまうでしょう。
このように、それぞれの方法によって費用の差があります。

消火器販売会社に回収してもらう

消火器販売会社でも回収をおこなっています。
その会社から発売された消火器であれば回収しているのでぜひ問い合わせてみてください。
どのような方法で回収をおこなっているのか詳しく教えてくれるでしょう。
回収方法はリサイクルシステムの導入により、「特定窓口」「指定引取場所」「ゆうパック」の方法が取り入れられていますが、消火器メーカーによって違う場合があります。
所持している消火器メーカーがどのような方法で回収しているのかは問い合わせてみるか、またはホームページで確認するかどちらかで確認することになるでしょう。
自分で勝手に判断せずに、まずは問い合わせてみることが大切です。
また、この方法も回収するためのお金がかかってしまうので費用についてもしっかりと確認しておいてください。

ホームセンターでの下取りもできる!?

もし新しい消火器を購入するのであれば、ホームセンターで下取りとして古い消火器を引き取ってくれるところもあります。
無料で下取りをしてくれるところが多いので1番費用がかからない方法かもしれません。
お金をかけることなく回収してもらえるのはとても嬉しいですよね。
近くにあるホームセンターで消火器の下取りをおこなっているかどうか確認してからもっていってください。
新しい消火器を購入する人のみ下取りをおこなっているところがほとんどですが、もしかしたら新しい消火器を購入せずに無料で回収してくれるかもしれません。

まとめ

消火器の処分方法は、消火器リサイクルシステムが2010年に導入され始めてから気軽に処分することができるようになりました。
消火器販売会社に問い合わせてみてどのような方法があるのか確認することも大切です。
また、新しい消火器を購入するのであればホームセンターでの無料下取りも可能でしょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから