使わなくなったカーナビをなんとかしたい方必見! 3つの処分方法

このような理由で車のカーナビを処分したいと思っている人もいることでしょう。
しかしながら、車のカーナビを自分で捨てる機会はあまりありませんよね。そのためカーナビの処分方法が分からずお困りの方も多いようです。
あなたも不要になったカーナビをどうやって捨てようかお悩みではありませんか?
そこで本日は、不要になったカーナビの捨て方として3つの方法をご紹介致します。それぞれの捨て方に伴うメリット・デメリットもご紹介致しますので、賢くカーナビを処分するために是非お役立てください。

方法その1:自治体のゴミに出す

  • メリット:お金をかけないで手っ取り早くカーナビを捨てることができる。
  • デメリット:自分で車からカーナビを外す必要がある。(カーナビを外すためには専門的な知識が必要です)

カーナビは比較的小さな電子機器です。そのため不要になったカーナビは自治体の燃えないゴミもしくは粗大ゴミとして処分することができるでしょう。

自治体によって捨て方が違う場合があるので処分方法を前もって調べておきましょう。

方法その2:カーショップで引き取って貰う

  • メリット:面倒なカーナビの取り外しから廃棄まですべてスタッフが行ってくれる。
  • デメリット:新しいカーナビを購入した場合しか利用できない。料金を取られることがある。

カーショップでは不要になったカーナビの下取りをしてくれる場合があります。プロがカーナビの取り外しをしてくれますので大切な車の配線や内装を傷つけることなくカーナビを処分することができるでしょう。新しいカーナビを購入する予定がある場合にオススメの捨て方ですね。

方法その3:ジャンク品として捨てる

  • メリット:不要になったカーナビや壊れたカーナビをお金に替えることができる。
  • デメリット:必ず売れるわけではない。値段がつかない場合や売れ残ることもある。

「もういらない」「もう使えない」と思っていたカーナビがお金に変わったら嬉しくありませんか?
不要になったカーナビはジャンク品として売れる場合があるのです。専門のお店やネットオークションに出品してみましょう。部品取りできる電子機器として買い取って貰えるかもしれませんよ。

いかがでしたか?

この記事では不要になったカーナビの捨て方として3つの方法をご紹介致しました。

  • 方法その1:自治体のゴミに出す
  • 方法その2:カーショップで引き取って貰う
  • 方法その3:ジャンク品として捨てる

不要になったカーナビがあるならこのような捨て方がオススメです。カーナビの捨て方にお困りの方は是非参考にしてみてください。
不用品回収業者も古くなったカーナビを回収してくれることがあります。不要になったカーナビを自宅まで回収に来てくれますよ。一度見積もりを依頼してみてはいかがですか?

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから