意外と知らないノートパソコンの正しい捨て方3つの方法

不用になったノートパソコンの捨て方が分からずに、ずっとしまい込んでいる人が多いのではないでしょうか?
本来ならば、新しいノートパソコンを購入した際に引き取ってもらうのが一番楽でいい方法なのでしょうが、まだ使用可能なノートパソコンを処分する気にはなれないものです。
いつか家族が使うかもしれないなどと考える人も多いようで、気づいた時には古すぎて使うことがない、ただのゴミになってしまうのです。
そうなるともう捨てるしかないのですが、自治体のごみ回収では引き取ってもらえなくなったので、何か方法を考えなくてはいけません。
ノートパソコンの捨て方にはいくつか方法があり、注意点もありますのでご紹介します。

・ノートパソコンのメーカーに引き取ってもらう

知らない人が意外と多いのですが、各パソコンメーカーでは不用になったノートパソコンを引き取ってくれるのです。
これは、資源有効利用促進法ができてから義務付られたことで、製造販売したメーカーが責任を持って再資源化するというものです。
すべてのパソコンが対象になっているわけではないので、各メーカーに問い合わせて有料の場合は支払方法や料金を確認しましょう。
また、パソコンリサイクルシールが貼られている物に関しては、無料で引き取りをしてくれますので、支払の必要はありません。

・パソコン3R推進委員会に引き取ってもらう

ノートパソコンは、一般のごみとして回収してくれる自治体はありません。
各パソコンメーカーが不用になった物を引き取る決まりなのですが、自作のパソコンやメーカーが分からない物の場合は、パソコン3R推進委員会に依頼して回収してもらえるのです。
この場合は有料なのですが、ノートパソコン1台4000円ほどの料金がかかり、webサイトか郵送での申し込みができます。
申し込みと支払いが完了したら、ゆうパックの伝票が届くので、それに必要事項を記入して発送するという流れです。

・無料回収業者に引き取ってもらう

インターネットで調べてみると、パソコンを無料で引き取ってくれるという会社があります。
なぜ無料で引き取ってくれるのか、不思議に思いますよね?
しかも、壊れて使えなくなった物でも良いというところが多いのも驚きです。
理由は簡単で、その回収したノートパソコンをそのまま中古として売るわけではなく、分解して部品ごとにリサイクルするというわけなのです。
壊れて役に立たない部品があっても他の部品はまだまだ使えるので、回収業者からすると壊れたノートパソコンでも貴重な物なのです。

~捨てる際の注意点~

どの方法でノートパソコンを捨てるにしても、注意しなくてはいけないことがあります。
それは、必ずパソコンの中の情報を消すということで、特に個人情報狙われやすいので細心の注意が必要です。
パソコンで買い物をする人が多いと思いますが、その際に入力した住所や電話番号、クレジットカード情報までもが漏れてしまう可能性があるのです。
それを防ぐためには、ハードディスクを取り出して破棄するのが一番確実だと言われています。
自分でも簡単にできるのですが、パソコン専門店などで有料で取り出してくれるサービスがあるので、利用しても良いかもしれません。
いずれにしても、パソコンの中のあなたや家族の個人情報を狙っている人がいることを忘れてはいけません。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから