状態によって変わる!? 電話機の捨て方とは?

電話機連絡手段には欠かせない“電話機”。壊れることがない限り、買い替えることのない電化製品ですが、新しい電話機に変えたとき、古い電話機はどのようにして捨てれば良いのか困る人も少なくないはずです。
電話機・FAXは小さくもなければそこまで大きくはない、電化製品のなかでもちょうど真ん中ぐらいのサイズです。
どのように捨てれば良いのか、電話機・FAXの捨て方について説明していきたいと思います。

もしかしたらリサイクルショップで売れるかも…

可能性は低いかもしれませんが、まだデザインが新しく、新品同様の電話機・FAXであればリサイクルショップで売れるかもしれません。
そのまま捨てるよりもまだその電話機を必要としている人がいればその人に活用してもらえたら嬉しいものです。
エコにもなるので環境に良いでしょう。
需要が高い電話機・FAXに限定されてしまいますが、処分したいものがリサイクルショップで売れるかどうかわからない、判断することができない場合は電話やメールなどで問い合わせてみてください。
機種・メーカー、壊れていないかどうか伝えることでリサイクルショップ店員も買い取ってくれるか判断することができます。
近くにお店がある場合は直接伺うこともできるでしょう。
新しい電話機・FAXをお持ちの方は“捨てる”という選択ではなく、“売る”という方法も検討してみてください。

不用品回収業者を利用するのもアリ

家電製品の捨て方に欠かせないのが“不用品回収業者”の利用です。
電話機・FAXの処分も不用品回収業者を利用することができます。
回収にはお金がかかるのでは…? と不安に思っている人もいますが、基本的に回収は無料となっているので安心してください。
ただし、後で追加料金がかかる、思いあたらない請求がきたというようなトラブルも発生しています。
不用品回収業者のなかには不正を働くところもあるので利用する業者選びには十分に気をつけていかなければなりません。
そこで必ずチェックしてほしいのが「口コミ・評判」です。
インターネットで「業者名 評判」と検索すればすぐに出てくるでしょう。
実際に利用した人がどのような感想をしているのかチェックすることで業者の本質がみえてくるはずです。
利用するまえにチェックしてくださいね。

自治体のゴミとして処分する

電話機・FAXの捨て方は“自治体のゴミとして出す”こともできます。
ただし、普通に捨てることはNGです。
自治体によって電話機・FAXがどのようなゴミに分類されているのか違います。
ある自治体は不燃ゴミでも違うところでは粗大ゴミに分類されているのです。
必ず自治体が指定しているゴミとして出さなければ上手に捨てることはできません。
自分が住んでいる地域はどのようなゴミとして捨てることができるのか確認してから捨てるようにしましょう。
確認できるのは自治体のホームページや役場に直接聞いてみることもできます。
そして、どのような方法・手順で捨てればいいのか詳しく説明してくれるでしょう。

まとめ

電話機・FAXの捨て方はさまざまです。
まだ新しい機種であれば“リサイクルショップ”で売れるかもしれませんし、不用品回収業者や自治体のゴミとして捨てることもできます。
どのような方法で捨てるかどうかはあなた次第です。
捨てたい電話機・FAXの状態を考えて適切な方法で捨てていきましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから