捨てる時は要注意!ウォシュレットの正しい処分方法

今や日本の多くの家庭に装着されているウォシュレット。
デリケート部分の洗浄用機器として広まり、愛用者が増え、公共施設でも装着されているところが多くなりました。

しかし、家庭用のウォシュレットは意外と壊れやすく、筆者の家でも壊れて取り換えたことがあります。

では、交換済みの壊れたウォシュレットはどうやって処分すればいいのでしょうか。
ここでは処分方法と捨てる時の注意点をご紹介しましょう。

ウォシュレットを取り替えようと考えている方は、ぜひ参考になさってください。

ウォシュレットの取り外し

ウォシュレットの着脱なんて、業者の人がやってくるんじゃないの?と思う方がいるかもしれませんね。
最近は自分で取り付けられるウォシュレットが増えたので、自分で着脱する人も多いんです。

そんな時は自分で取り外したウォシュレットを処分する必要があります。

ウォシュレットは便器と違い、プラスチック製のものが多いです。
また、便器と便座は着脱可能で、ウォシュレットも当然ながら単体で取り外すことができます。

ウォシュレットってゴミとして扱えるの?

取り外したウォシュレットはゴミとして扱うことができます。
何ゴミになるのかは自治体によって違いますが、粗大ゴミとして扱うところが多いようです。

必ず自治体に確認し、指定の日にゴミとしてゴミ捨て場に持っていきましょう。

粗大ゴミの場合は多少料金がかかりますが、それほど高くはありません。
数百円程度で処分できますから経済的な負担はほぼありませんね。

捨てる時はここに注意!

ウォシュレットはお手洗いで使うものですから、捨てる時にそのまま捨てるのはNGです。
汚れていなくても、必ずぞうきんなどでふいて汚れを取り、不快感を与えないようにして捨てましょう。

破損している場合や割れている場合はその場所に「破損注意」の紙を貼り、収集する人がケガをしないように気を配ります。

場合によっては半透明の袋に入れておける場合もあります。
自治体の人に確認し、袋に入れてよければ袋に入れて捨てるとよいでしょう。

燃えないゴミとして捨てられる?

ウォシュレットを燃えないゴミとして捨てるには、燃えないゴミの袋に入る程度に砕かなければいけません。

プラスチックだから砕けば大丈夫・・・という人もいますが、ウォシュレットは思ったよりずっと頑丈で、砕くのは大変です!

力任せに砕こうとするとけがをする可能性が高くなりますのでおすすめできません。
捨てる時は必ず粗大ごみ措定捨ててくださいね。

ウォシュレットの処分方法をご紹介しました。
デリケートな部分に使う機器ですから捨てる時も慎重に。
できれば袋に入れて、ケガをしないように配慮して粗大ゴミとして処理してください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから