捨てるときはルールを守って!!ウォシュレットの処分方法とは?

デリケートな部分を優しく洗ってくれるウォシュレット。愛用されている方も多いと思います。
しかしウォシュレットは意外に故障しやすく、今の製品は自分で取り換えることもできるそうです。
では交換した後不要になったウォシュレットはどう処分すればよいのでしょうか。今回はその方法をご紹介しましょう。興味がある方はぜひご一読ください。

ウォシュレットが不要になる時

ウォシュレットは便器と一体になっていると思っている方が多いと思いますが、便器と便座は実は分離できるようになっているのです。
ウォシュレットも便座の一種ですから当然着脱可能なのですね。
便器は陶器でできているのですが、ウォシュレットなどの便座はプラスチック製のものがほとんど。
ですから陶器部分より寿命が短く、また体重のかけ方次第で割れることがあります。
最近は通販などでもウォシュレットを取り扱うようになり、自分で買って自分で取り付ける人も増えてきているのです。
このような場合、ウォシュレットを処分する必要が出てくるのですね。

どうやって捨てるの?

ウォシュレットはトイレで使用するものですから、リサイクルはしにくい部品です。
ですから不要になったウォシュレットは処分するしかありません。
ウォシュレットは自治体によって何ゴミに分別するかはことなりますが、たいていは粗大ごみとして回収してくれます。
分からない場合は市役所の担当課に問い合わせてみましょう。
有料の場合は自治体が指定する方法で料金を払い、ごみ収集の日にゴミ捨て場に持っていけばよいのです。

捨てるときのマナー

ウォシュレットはトイレで使うものですから、綺麗に見えても汚れている場合があります。
いくら捨てるものでも雑巾などで軽くふいて出しましょう。
また、破損している場合は鋭いプラスチックの破片で回収をしてくれる方が怪我をするかもしれません。
新聞紙などで破損個所を巻いて「破損個所につき、取扱注意」とメモを添えておくとよいでしょう。
また、できれば何を捨てたか知られたくないという方もいると思いますが、その場合は市役所の担当課に問い合わせて新聞紙にくるんだり、不透明の袋に入れて出してよいか尋ねてみましょう。
「小さく砕けば不燃物として処分できる」という意見もありますが、ウォシュレットは大人の体重を支えられるくらい頑丈ですので、砕くのは大変ですし上記したように砕いた破片でけが人が出る恐れがあります。できるだけ元の形のまま捨てましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はウォシュレットの処分の仕方についてご紹介いたしました。皆様のご参考になれば幸いです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから