「 掃除・片付け方法 」一覧

家庭の中で最も散らかりやすいのは、子供部屋です。子供は効率のいい片付け方をしらないことが多く、おもちゃなどが出したままになりがち。
大人が代わりに片付けすることで、簡単にきれいにすることができますが、それでは根本的な解決にはなりません。
子供が片付けしやすい環境を整え、子供部屋の散らかりを解消していきましょう。
子供部屋の片付けのコツをご紹介します。

  1. 子供部屋が散らかる原因
  2. 子供部屋の片付けのコツ
  3. 子供部屋にふさわしい収納とは? 
  4. まとめ

続きを読む


どうすれば「居心地のいい部屋」に模様替えできるのか…悩んでいる人は必見です。
居心地のいい部屋の作り方について詳しく説明します。
何もわからないまま模様替えをすると、まったく違う雰囲気の部屋になってしまうので要注意です。
スムーズに模様替えをするためにも、事前にコツやポイントを把握しておきましょう。居心地のいい部屋の作り方はもちろん、整理整頓のコツ、不用品の処分方法について説明します。

目次

  1. 居心地のいい部屋の作り方
  2. 整理整頓のコツ
  3. 不用品の処分方法
  4. まとめ

続きを読む


お部屋を取りあえず片付けたい。そう思ってクローゼットにものを突っ込んでいる人も多いのではないでしょうか。ものをクローゼットに突っ込んでいる人は、いつの間にかものでいっぱいになっていることが多いです。
そんな方にこそ、必見! クローゼット本来の収納力をアップする方法をご紹介したいと思います。
この記事では、クローゼットの収納力アップ方法をまとめました。

目次

  1. クローゼットの収納力アップ術
  2. 片付けの判断基準
  3. 不用品は業者に依頼して処分しよう
  4. まとめ

続きを読む


家の中でも収納の形に悩みがちな場所といえば、子供部屋ではないでしょうか。大人とは違い、子供は体も小さく、手の届く範囲が限られています。また、まだ幼い子供だと、きちんと片付けをしてくれないという心配もあるでしょう。

親にとっての理想は、子供が自分で自分のものを片付けるようになり、整理整頓ができるような子供部屋を作ることです。果たしてそのような子供部屋を実現できる収納のアイデアとはどのようなものなのでしょうか。

  1. 子供部屋収納の基本
  2. 子供部屋に子供の私物を収納するアイデア
  3. より便利な収納の使い方を教えるアイデア

続きを読む


押し入れに代わって、最近はクローゼットが備えつけられている家が多くなってきました。
しかし、大きさが大体決まっている押し入れに比べて、クローゼットは大きさがさまざまです。
ですから、収納に苦労している方もいるでしょう。
そこで、今回はクローゼットで使える人気の収納アイテムについてご紹介します。
この記事を読むことで、自分のニーズに合ったアイテムを見つける方法がわかるはずです。

目次

  1. クローゼットとそのほかの収納スペースの違いとは?
  2. クローゼットに使う収納アイテムの選び方
  3. 人気のクローゼット用収納アイテムとは?

続きを読む


部屋をきれいに片づけようと思っても、なかなかうまくいかないのはなぜでしょう。
片づけられない原因の1つに「物が多すぎる」という問題があります。
部屋に物があふれ返っていると、当然収納するスペースが足りなくなるでしょう。
置き場所の定まらない物たちのせいで、部屋はなおさら乱雑に見えてしまいます。
「でも、気づけば物が増えている…」という人のために、物を増やさない方法をご紹介しましょう。

  • 衝動買いすることが多い
  • 物が増えすぎて部屋が片づかない
  • 物を増やさないためにはどうすればよいのか

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 物を増やさない方法
  2. 物を増やさないための考え方
  3. 生活習慣の改善点
  4. まとめ

続きを読む


片付けで物を捨てるのが難しい…と悩んでいませんか? 
部屋の中をきれいにしておくために適度に片付けは行っているものの、なぜか物が溢(あふ)れかえってしまっているという人の多くは、物を捨てられない性格である可能性が高いです。使っていない物を「勿体(もったい)ないから」といって、いつまでも捨てられずに取っておいてはいませんか? それを繰り返していると、物は増えていく一方です。買った物やもらった物を大切にすることは決して悪いことではありません。でも、度を過ぎてしまうと部屋が片付かなくなってしまうどころか、汚部屋につながる可能性もあるのです。
この記事では、片付けたり物を捨てたりすることが苦手な人におすすめな、片付けの豆知識をご紹介します。ごちゃごちゃした部屋をスッキリさせたいと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. 物を捨てる判断基準
  2. 片付けのコツ
  3. 不用品の処分方法

続きを読む


疲れて帰ってきた自分の部屋。しんどい日々が続く中、部屋の中ではゆっくりしたいもの。しかし、寝る場所もないほど汚れていると落ち着くこともできません。リラックスできない部屋では精神だけでなく衛生面でも悪影響が出てきます。そうなる前に、部屋をキレイに維持することを意識しましょう。
この記事では部屋をキレイにするコツをお伝えします。

目次

  1. すぐに散らかす人はこんな人
  2. キレイな部屋を維持する5つのコツ
  3. 不用品を処分しよう
  4. 部屋をキレイにするメリット
  5. まとめ

続きを読む


部屋部屋を広く見せるコツさえつかめば、狭い空間でも広く感じられて快適に過ごせます。そこで、部屋が広く感じられるようになるテクニックをいくつかご紹介しましょう。ほんのちょっと意識するだけで、部屋の印象が大きく変わるのです。

目次

  1. 部屋を広く見せるコツ
  2. 部屋が狭く見えるNG例
  3. 不用なものは処分することが大切
  4. 不用品を処分する方法

続きを読む


整理整頓術をひとたび身に付けると、部屋をきれいに保つことが苦になりません。まずは、「整理整頓」という言葉の意味を理解しておきましょう。広辞苑(こうじえん)によると、「整理」とは「乱れた状態にあるものを整え、秩序を正しくすること」あるいは、「不必要なものを取り除くこと」とされています。一方、「整頓」は「よく整った状態にすること」や「きちんと片付けること」と書かれているのです。つまり、「整理」と「整頓」は似ているようで違った意味をもっています。そして、言葉の並び順のとおり、「整理」をしてから「整頓」をすることが大切です。この意味を正しく理解したうえで、実際に整理整頓をしていくためのポイントを押さえていきましょう。

目次

  1. 部屋の整理整頓を実現するために必要な考え方
  2. 整理整頓の手順について
  3. 片付け方のポイントと効率的な整理整頓方法
  4. 整理整頓された部屋を維持するための注意点

続きを読む