「 不用品の処分方法 」一覧

寒いこの時期、洗濯物はなかなか乾きません。そんなときにとても役立つのが衣類乾燥機ですよね。毎日のように使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、使いすぎると壊れやすくなります。そのため、買い替えを検討している人もいるはずです。そんなときに困るのが処分方法でしょう。不燃ごみなどとして捨てられるサイズではありませんから、捨て方をどうすればいいのか悩んでしまいがちです。そこで、今回は衣類乾燥機の処分方法にまつわる情報をご紹介します。

  1. 衣類乾燥機を捨てたい、廃棄したい、処分したい
  2. 衣類乾燥機と家電リサイクル法について
  3. 家電リサイクルの料金について
  4. 衣類乾燥機の処分、買い替えの場合
  5. 衣類乾燥機の処分、自分でやる場合
  6. 衣類乾燥機の処分、リセールする場合
  7. 衣類乾燥機の処分、不用品回収業者に頼む場合
  8. 衣類乾燥機と不用品回収業者におけるQ&A

この記事を読むことで、衣類乾燥の処分の仕方を学ぶことができます。自分に最適の処分法を一緒に見つけましょう!

続きを読む


家の中に溜(た)まった不用品を処分する時、“これどうやって捨てようかな?”と悩むものはたくさんあります。中でも、代表格の1つといえばスプレー缶ではありませんか?

缶の注意書きを読むと、“高温になると破裂する”などと恐ろしいことが書かれており、適切な捨て方に悩んでしまいます。そこで、こちらではスプレー缶の正しい捨て方をレクチャーすることにしました。

  1. なぜ危険!?スプレー缶の基礎知識
  2. 要チェック!正しいスプレー缶の捨て方
  3. 日頃から注意!スプレー缶の扱い方

続きを読む


乾燥しやすい時期に大活躍する加湿器、要らなくなったものをそのまま放置していませんか? 「処分したくても方法がわからない」と悩んでいる方は多いでしょう。正しい処分方法がわからないまま、勝手にゴミに出してしまうと不法投棄などでトラブルに発展します。トラブルが起きると、さらにややこしい事態になりかねません。正しい方法で処分するためにも、加湿器について知ることが大切です。そこで、本記事では、加湿器が何ごみになるのか、小型家電リサイクル法や処分方法について詳しく説明します。

  1. 加湿器を処分する前に知るべきこと
  2. 小型家電リサイクル法と加湿器
  3. 加湿器の処分方法~自分で捨てる場合
  4. 加湿器の処分方法~販売業者の下取りの場合
  5. 加湿器の処分方法~リセールする場合
  6. 加湿器の処分方法~回収業者に依頼する場合
  7. 加湿器の処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、加湿器を正しく処分するために必要な情報を知ることができます。加湿器を処分したい方や廃棄で悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


日本の冬には欠かせないアイテムといえば、こたつですよね。寒さが厳しくなるこれからの時期、こたつが使えないと非常に困ってしまいますよね。壊れる前に、あるいは壊れてしまったので、買い替えを検討しているという方も多いことでしょう。しかし、そうなると悩むのが、古いこたつの処分方法ですよね。そこで、今回はこたつの処分にまつわる情報を分かりやすくご紹介していきます。

  1. こたつについての基礎知識
  2. こたつの捨て方、自分で捨てる場合
  3. こたつの捨て方、販売業者の場合
  4. こたつの捨て方、リサイクル(リユース)する場合
  5. こたつの捨て方、不用品回収業者に頼む場合
  6. こたつの処分におけるQ&A

これらの記事を読むことで、こたつの処分にまつわる基本的な知識を得ることができます。処分方法のメリットデメリットについても解説していますので、自分に合った処分法を見つけましょう!

続きを読む


故障や買い替えのため、古いオイルヒーターの処分に困っている人もいるのではないでしょうか。オイルヒーターは場所を取るので早く処分してしまいたいですよね。それに、使わないものを置いておくのは、保管スペースの無駄になります。不要なオイルヒーターはできるだけ早く処分してスッキリしましょう。今回は、オイルヒーターの処分や捨て方について、詳しく解説します。お得な裏ワザにも触れますから、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

  1. オイルヒーターを処分・廃棄・捨てたいとき
  2. 小型家電リサイクルとオイルヒーターについて
  3. オイルヒーターの処分:自分で捨てる
  4. オイルヒーターの処分:販売業者の下取り利用
  5. オイルヒーターの処分:リセールする
  6. オイルヒーターの処分:回収業者に依頼する
  7. オイルヒーターの処分に関するよくある質問

記事を読んだ人は、オイルヒーターの処分方法にかんして詳しい知識が身に付きます。また、手元にあるオイルヒーターをどのように処分するといいのか理解できることでしょう。ひとつずつ読み進めるとスムーズに頭に入ってきますよ。オイルヒーターの処分のために有益な情報が満載ですから、まずは記事を熟読してください。

続きを読む


カラーボックスは安価で入手しやすいことから、1人暮らしの方からご家庭まで、さまざまな場所で使われています。勉強道具やおもちゃの棚にしたり、ドライヤーや手鏡といった生活用品をバスケットに入れて収納したりと、用途は多岐にわたるでしょう。ですが、安さに引かれて購入したぶん、「生活が落ち着いてきた」「引っ越しすることになった」という場合、真っ先に不用品になりがちです。基本的には木製ですから燃えるごみと思うでしょうが、大きさがあるため、捨て方に悩んでしまいませんか? そこで、意外と注目されていないカラーボックスの処分について記事をまとめてみました。

  1. カラーボックスの処分について
  2. カラーボックスの処分方法
  3. カラーボックスを処分できるリサイクル業者について
  4. カラーボックスの処分に関するよくある質問
  5. まとめ

記事にはカラーボックスの捨て方で考えられる方法を一挙に掲載しています。読み終わるころには処分方法が明らかとなりますので、順を追って見ていきましょう。

続きを読む


電気シェーバーは、身だしなみを整えるために欠かすことができない電化製品です。毎日使用しているうちに不具合が出たり魅力的な新製品が発表されたりなどで、新しいものへの買い替えを考えている人も多いことでしょう。しかし、不要になった電気シェーバーはどのように処分すればいいのかわからないものですよね。

今回は、電気シェーバーの捨て方について詳しく解説することにします。正しく処分するためにも、ぜひ最後までじっくり読んでくださいね。

  1. 電気シェーバーを捨てたい・処分したい
  2. 小型家電リサイクル法について
  3. 電気シェーバーの捨て方:自分で捨てる場合
  4. 電気シェーバーを販売業者の下取りに出す場合
  5. 電気シェーバーの捨て方:リサイクルする場合
  6. 電気シェーバーの捨て方:回収業者に依頼する場合
  7. 電気シェーバーの捨て方に関するよくある質問

電気シェーバーも、貴重な資源が使ってあります。ごみとして出すだけ捨て方ではありません。まずは、記事を読んで最適な処分方法について正しい知識を身に付けましょう。記事には必要なことがすべて書いてあるので役に立ちます。電気シェーバーをこれから買い替える予定のある人に、また、古い電気シェーバーの処分だけしたい人にも、必見の内容ですよ。

続きを読む


「車のバッテリーの捨て方がわからない」「バッテリーの処分方法が正しいかどうか不安」など、悩んでいる方は多いでしょう。車のバッテリーには寿命があります。使えなくなった車のバッテリー廃棄に頭を抱える人は多く、間違った方法で処分しがちです。誤った処分方法は環境破壊につながり、不法投棄などのトラブルにも発展してしまいます。正しく捨てるためにも、車のバッテリーの廃棄方法をきちんと把握しておきましょう。これから、車のバッテリーの処分方法やリサイクル・買い替え・DIY交換など詳しく説明します。

  1. 車のバッテリーを処分する前に知るべきこと
  2. 車のバッテリーのリサイクルについて
  3. 車のバッテリー処分~買い替えの場合
  4. 車のバッテリー処分~DIY交換の場合
  5. 車のバッテリー処分~回収業者に頼む場合
  6. 車のバッテリーの処分に関するよくある質問

車のバッテリーの処分・廃棄方法とは?

この記事を読むことで、車のバッテリーを正しく処分するために必要な情報を手に入れることができます。車のバッテリーを処分したい方や方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


「掃除機が壊れたから・引っ越すから買い替える」と決めたとき、気になるのはその処分方法です。今はさまざまな家電製品がリサイクルの対象となっており、自治体によっても項目は異なります。全国共通の一覧表示があればいいのに……そう思っているのはあなただけではないでしょう。リサイクル法は環境保全のためです。今まで部屋をきれいにしてくれた掃除機も適切な廃棄方法でサヨナラしてください。

今回は掃除機の処分方法をご紹介します。

  1. 掃除機を処分したい!
  2. 掃除機の処分~自分で捨てる場合~
  3. 掃除機の処分~販売業者の下取り~
  4. 掃除機の処分~リサイクルする場合~
  5. 掃除機の処分~業者に頼む場合~
  6. 掃除機の処分にかかわるよくある質問

記事を読み終わるころ、掃除機の処分方法は完ぺきです。廃棄の仕方からその区分まで、要点を押さえてお届けします。

続きを読む


「マニキュアの捨て方がわからない」という人は多いと思います。中身が固まってしまって、もう使うことはなくても、処分方法がわからなくてついそのままにしているということもあるのではないでしょうか。最後まで使い切らずに新しいものを買ってしまうことが多いマニキュア。どのようにして処分するのが正しいのでしょうか。この記事では、マニキュアの正しい処分方法やリサイクルする方法についてまとめて解説します。

  1. マニキュアを捨てたい!そんなときは?
  2. マニキュアを自分で捨てる方法
  3. マニキュアをリサイクルしよう!
  4. マニキュアの処分にかんするよくある質問

マニキュアの捨て方がわからない

この記事を読むことで、不要なマニキュアを一気に処分する方法がわかります。残っているマニキュアは再利用しましょう。

続きを読む