「 不用品の処分方法 」一覧

【必見】座椅子の処分で困らない! 粗大ごみ以外でお得な方法とは?

座椅子は、くつろぐときに姿勢を楽にすることができるため、愛用している人が多くいます。しかし、長年使った座椅子は、金具の寿命がきて不安定になったりカバーが破れたりするなどで処分を考えることもあるでしょう。そこで、今回は、座椅子の処分の方法について詳しく解説します。粗大ごみ以外にも、さまざまな処分方法があることを学びましょう。

  1. 座椅子の処分について
  2. 座椅子の処分:自治体の回収を利用する
  3. 座椅子の処分:リサイクルする
  4. 座椅子の処分:不用品回収業者に依頼する
  5. 座椅子の処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、座椅子の処分方法に詳しくなり、適切な方法で処分できます。処分のコツや、費用がお得になる方法もわかるので有益です。ぜひ、じっくり読んでみてください。

続きを読む


廃棄はNO! 賢いパソコンラックの処分方法~回収・買取・リサイクル等

デスクトップ型のパソコンを使う上で、パソコンラックやデスクは必要不可欠なものです。木製・ステンレス製のパソコンラックが一般的ですが、メタルラックやスチールラックを代替品として使っている方も多いでしょう。しかし、ノートパソコンへの切り替え・家具の新調・引っ越しなどで、パソコンラックが不用になり処分方法に困っている方もいらっしゃることかと思います。そこで今回は、パソコンラックの処分方法についてのご紹介です。

  1. パソコンラックの処分について
  2. パソコンラックの処分方法~自治体での回収
  3. パソコンラックの処分方法~リサイクルに出す
  4. パソコンラックの処分方法~不用品回収業者へ依頼する
  5. パソコンラックの廃棄・処分についてよくある質問
  6. まとめ

粗大ゴミ・リサイクル・買取・回収業者など、それぞれの回収方法や注意点なども詳しくご紹介します。また、パソコンラック以外にパソコン周辺機器もまとめて処分したいといった方にもぴったりの記事になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

続きを読む


キャリーバッグの捨て方について徹底解析! 処分のコツや業者の選び方

キャリーバッグは旅行の必需品です。友人や家族との旅行・出張など泊まりがけの遠出には便利なアイテムになるでしょう。しかし、何度も使い続けていると持ち手が壊れる・キャスター(タイヤ)の部分が劣化するという不具合も目立ち始めます。壊れた、使わなくなったキャリーバッグをそのままにすることもできませんよね。「捨てたいけど、方法がわからない」と悩んでいる方も多いはずです。そこで、本記事では、キャリーバッグの捨て方・業者の下取り・不用品回収業者などについて詳しく説明します。

  1. キャリーバッグは何ゴミか?
  2. キャリーバッグの処分方法~自分で捨てる場合
  3. キャリーバッグの処分方法~業者の下取りの場合
  4. キャリーバッグの処分方法~不用品回収業者に依頼する場合
  5. キャリーバッグの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、キャリーバッグを正しく処分するために必要な情報を得ることができます。処分で悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

続きを読む


衣類乾燥機の処分法! 正しい捨て方を学んで処分マスターになろう!

寒いこの時期、洗濯物はなかなか乾きません。そんなときにとても役立つのが衣類乾燥機ですよね。毎日のように使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、使いすぎると壊れやすくなります。そのため、買い替えを検討している人もいるはずです。そんなときに困るのが処分方法でしょう。不燃ごみなどとして捨てられるサイズではありませんから、捨て方をどうすればいいのか悩んでしまいがちです。そこで、今回は衣類乾燥機の処分方法にまつわる情報をご紹介します。

  1. 衣類乾燥機を捨てたい、廃棄したい、処分したい
  2. 衣類乾燥機と家電リサイクル法について
  3. 家電リサイクルの料金について
  4. 衣類乾燥機の処分、買い替えの場合
  5. 衣類乾燥機の処分、自分でやる場合
  6. 衣類乾燥機の処分、リセールする場合
  7. 衣類乾燥機の処分、不用品回収業者に頼む場合
  8. 衣類乾燥機と不用品回収業者におけるQ&A

この記事を読むことで、衣類乾燥の処分の仕方を学ぶことができます。自分に最適の処分法を一緒に見つけましょう!

続きを読む


空き家放置は治安・衛生環境悪化にも!荷物を処分する時期や片付け方

両親が亡くなり、実家が空き家になったままという方もいるでしょう。遠方で移住することもできず、管理もままならない。核家族化が進み、実家に住むという選択肢が狭まってきています。
空き家になったまま、遺品整理もせずに放置していませんか?家財や荷物をそのまま放置しておくことは危険なのです。近年、空き家問題が注目されています。誰もいなくなった家は老朽化も急速に進み、近隣住民へ迷惑をかけることもあるのです。
社会問題になっている空き家。空き家を放置しておくことの危険性を知り、片付けるタイミングを考えてみてください。

  1. 空き家にある家財や荷物を放置する危険性
  2. 空き家を片付けるタイミング
  3. 空き家の片付け方
  4. まとめ

続きを読む


コレで完璧!スプレー缶の安全な捨て方ガイド〜事故を起こさない方法はコレ

家の中に溜(た)まった不用品を処分する時、“これどうやって捨てようかな?”と悩むものはたくさんあります。中でも、代表格の1つといえばスプレー缶ではありませんか?

缶の注意書きを読むと、“高温になると破裂する”などと恐ろしいことが書かれており、適切な捨て方に悩んでしまいます。そこで、こちらではスプレー缶の正しい捨て方をレクチャーすることにしました。

  1. なぜ危険!?スプレー缶の基礎知識
  2. 要チェック!正しいスプレー缶の捨て方
  3. 日頃から注意!スプレー缶の扱い方

続きを読む


加湿器の上手な処分方法をご紹介!ごみの分類や注意点など徹底解析

乾燥しやすい時期に大活躍する加湿器、要らなくなったものをそのまま放置していませんか? 「処分したくても方法がわからない」と悩んでいる方は多いでしょう。正しい処分方法がわからないまま、勝手にゴミに出してしまうと不法投棄などでトラブルに発展します。トラブルが起きると、さらにややこしい事態になりかねません。正しい方法で処分するためにも、加湿器について知ることが大切です。そこで、本記事では、加湿器が何ごみになるのか、小型家電リサイクル法や処分方法について詳しく説明します。

  1. 加湿器を処分する前に知るべきこと
  2. 小型家電リサイクル法と加湿器
  3. 加湿器の処分方法~自分で捨てる場合
  4. 加湿器の処分方法~販売業者の下取りの場合
  5. 加湿器の処分方法~リセールする場合
  6. 加湿器の処分方法~回収業者に依頼する場合
  7. 加湿器の処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、加湿器を正しく処分するために必要な情報を知ることができます。加湿器を処分したい方や廃棄で悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


知らないと損をするかも!? こたつの捨て方・処分方法とは?

日本の冬には欠かせないアイテムといえば、こたつですよね。寒さが厳しくなるこれからの時期、こたつが使えないと非常に困ってしまいますよね。壊れる前に、あるいは壊れてしまったので、買い替えを検討しているという方も多いことでしょう。しかし、そうなると悩むのが、古いこたつの処分方法ですよね。そこで、今回はこたつの処分にまつわる情報を分かりやすくご紹介していきます。

  1. こたつについての基礎知識
  2. こたつの捨て方、自分で捨てる場合
  3. こたつの捨て方、販売業者の場合
  4. こたつの捨て方、リサイクル(リユース)する場合
  5. こたつの捨て方、不用品回収業者に頼む場合
  6. こたつの処分におけるQ&A

これらの記事を読むことで、こたつの処分にまつわる基本的な知識を得ることができます。処分方法のメリットデメリットについても解説していますので、自分に合った処分法を見つけましょう!

続きを読む


【必見】オイルヒーターの処分・捨て方を詳しく解説! 裏ワザも伝授!

故障や買い替えのため、古いオイルヒーターの処分に困っている人もいるのではないでしょうか。オイルヒーターは場所を取るので早く処分してしまいたいですよね。それに、使わないものを置いておくのは、保管スペースの無駄になります。不要なオイルヒーターはできるだけ早く処分してスッキリしましょう。今回は、オイルヒーターの処分や捨て方について、詳しく解説します。お得な裏ワザにも触れますから、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

  1. オイルヒーターを処分・廃棄・捨てたいとき
  2. 小型家電リサイクルとオイルヒーターについて
  3. オイルヒーターの処分:自分で捨てる場合
  4. オイルヒーターの処分:販売業者の下取り利用の場合
  5. オイルヒーターの処分:リセールする場合
  6. オイルヒーターの処分:回収業者に依頼する場合
  7. オイルヒーターの処分にかんするよくある質問に回答

記事を読んだ人は、オイルヒーターの処分方法にかんして詳しい知識が身に付きます。また、手元にあるオイルヒーターをどのように処分するといいのか理解できることでしょう。ひとつずつ読み進めるとスムーズに頭に入ってきますよ。オイルヒーターの処分のために有益な情報が満載ですから、まずは記事を熟読してください。

続きを読む


【2017年版】カラーボックスの処分を3か条で解説! 捨て方はシンプル

カラーボックスは安価で入手しやすいことから、1人暮らしの方からご家庭まで、さまざまな場所で使われています。勉強道具やおもちゃの棚にしたり、ドライヤーや手鏡といった生活用品をバスケットに入れて収納したりと、用途は多岐にわたるでしょう。ですが、安さに引かれて購入したぶん、「生活が落ち着いてきた」「引っ越しすることになった」という場合、真っ先に不用品になりがちです。基本的には木製ですから燃えるごみと思うでしょうが、大きさがあるため、捨て方に悩んでしまいませんか? そこで、意外と注目されていないカラーボックスの処分について記事をまとめてみました。

  1. カラーボックスの処分について
  2. カラーボックスの処分方法
  3. カラーボックスを処分できるリサイクル業者について
  4. カラーボックスの処分にかかわるよくある質問
  5. まとめ

記事にはカラーボックスの捨て方で考えられる方法を一挙に掲載しています。読み終わるころには処分方法が明らかとなりますので、順を追って見ていきましょう。

続きを読む